ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、“人間の気分を検知する”スマートフォンの新たな機能開発に着手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「メールの文面だと固い印象で、生真面目そうに思えたのに、実際会ってみたら、その人物の印象が全然違った」ということや、「SNSのテキストの文面では元気そうだったのに、実際は相手の元気がなかった」というような経験はないだろうか。デジタルのコミュニケーションではなかなか汲み取りにくい、“人間の感情、気分”といったものにフォーカスした技術について、今Microsoftが開発に取り組んでいるという。

それは、スマートフォンの新たなテクノロジーとして、人間の“気分”を感じ取り、自動的にFacebookなどのソーシャルネットワークでシェアできるような仕組みを構築するもので、“気分”を検知する「MoodScope」という技術を導入している。「MoodScope」はユーザーの精神面の状態を測定し、今の気分を、“緊張している”“幸せである”“驚いている”“退屈している”“穏やかである”“”ストレスを感じている”“興奮している”といったようなカテゴリに分類する。

デジタルのコミュニケーションにおいて、こういったユーザーの“気分”を前提に置くことで、話す内容、話しかけるタイミングなどに配慮できたり、接し方がより細やかになり、リアルの世界に近い人間同士のコミュニケーションが取れるようになるのでは、とMicrosoftは考えているようだ。また、この“気分”検知のシステムは、動画や音楽をリコメンドするサービスにとっては、ユーザーの気分に合わせ、今求めているもの、気分に適合したコンテンツを推奨できるようになり、ターゲットを絞ったビジネスを展開することにも役立ちそうだ。

現在、Microsoftが構築したプロトタイプでは、32の被験者に対し、気分検知の精度は平均しておよそ66%程度だが、今後2ヶ月の治験期間を経て、95%を目標とした精度向上を目指していくという。人間らしい“気分”という要素が、デジタルの世界でどう扱われていくのか興味深いものである。今後の推移を見守りたい。

Microsoft 「MoodScope」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP