ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徒歩中のBGMで心身を健康に! 福岡市交通局がクラシックを無料配信 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

福岡市交通局は、地下鉄利用による環境貢献や心身の健康づくりを提案するプロモーション活動“SUBWAY DIET”の一環として、音楽をプラスした“SUBWAY DIET MUSIC”を立ち上げました。

“SUBWAY DIET MUSIC”は、地下鉄の駅から歩く・駅まで歩くことで身体の健康を目指すと同時に、徒歩移動中にウォーキングBGM(クラシック音楽)を聴くことで心の健康も目指す企画です。

具体的な取り組みとしては、九州交響楽団提供音源の無料配信を実施しています。6月26日現在、配信第1弾として、ロシアの作曲家チャイコフスキーの序曲『1812年』の一部(約10分)がiTunes Music Storeや“SUBWAY DIET”のWebサイトからダウンロードできます。

また、もう一つの取り組みとして、駅構内でのBGM放送を行っています。朝8時台と夜9時台の1日2回、九州交響楽団提供、ロシアの作曲家ラフマニノフの『ヴォカリーズ』が流れます。

なお、歩くことによる健康づくりですが、厚生労働省の“スマートライフプロジェクト”は、通常の生活習慣に加えて「10分間の早歩きをする」「あと10分歩く」と生活習慣改善に効果があるとしています。

画像:SUBWAY DIET MUSICウェブサイトのキャプチャ
http://subway-diet.com/music/

参考:「スマートライフプロジェクト」『厚生労働省』
http://www.smartlife.go.jp/about/3action/walk

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP