体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そろそろ「ZIPで暗号化」の謎文化をなくしたい

そろそろ「ZIPで暗号化」の謎文化をなくしたい

今回はteruyastarさんのブログ『teruyastarはかく語りき』からご寄稿いただきました。

そろそろ「ZIPで暗号化」の謎文化をなくしたい

Daiyuu Nobori @dnobori

ファイルをZIPで暗号化し、まずZIPをメールで送り、しばらくして別メールで8文字程度の乱数パスワードを送るという謎のプロトコルが日本企業で流行っているが、ZIPのパスワードは総当たりでかなり高速に解析できるし、そもそもパスワードをメールで送っているので効果が疑問。

2013年06月16日
https://twitter.com/dnobori/status/346488232537632768

僕も昔そのように送られてきて同じ疑問もったことあります。
はてブコメントみると、

2度送ることであて先ミスによる添付からの情報漏れを防ぐという効果はそこそこ期待できる。
誤送信による一撃死を免れるためのプロトコル。
まぁでも実際メールやFAXの誤爆とかよくある事なわけで。
暗号の強度ではなくて、暗号をかけた事実が大事ってきいたことがあるな。
会社がプライバシーマークだかISOなんとか取るのに必要らしいけど大体ノーチェック
あと万一の際の訴訟対策ね。
送り先毎に固定や月毎にパスワード固定というのもあった。zip添付メールに、「パスは”いつもの”でお願いします。」って一文を添えておく。

大きな意見としてはだいたいこの3つですかね。

「誤送信防止」

「情報漏えいした時、鍵はかけたという意思表示。訴訟対策。」

「Pマーク、ISO絡み。」

下2つは無駄に心配しすぎかつ逆効果な気もしますが、誤送信防止はなるほど、確かに2通にすることで一撃死はやわらぐかもしれない。
気づくときは送信ボタンを押した数秒内か、次のパスワードメールを送る宛先見て気づくので、そこで気づけないようならどっちにしろ無理ですし。

でも実際はZIP誤送信した時点でアウトなわけで、ZIP誤送信しても、パスワード送ってないから大丈夫。
誤送信相手も信用できる取引先だから悪意を持ってない限り大丈夫。
と安心するところからむしろ漏れるのでは?

その人を信用してても、その人のマシンが信用できるとは限らないですし、パスワードをメールで送らない企業はまだ気がきいてますが、
自転車や宝石盗まれるのと違って、情報は盗られたことがわかりません。
総当りで解けるのを、ママチャリのカギぐらいには役に立つと信じるのは、知らないうちに情報漏えいの隠蔽につながってる気がして怖いです。

正直メールは、どこかでソーシャルハッキングされてもいいレベル情報のやりとりに使ってるはずで(見積もりとか、社内アンケートとか、未加工で著作権確保してる素材とか)、ほんとに大事な情報はメールを使わないで専用線なり、正規の暗号化ツールなり物理的郵送までやるところもありますしね。
そういう使い方ならなおZIPいらないんじゃないかと。

そもそも誤送信そのものをなくそう

Gmailにはこんな機能があります。

「Gmail」で送信取り消し機能を使う方法 2013年04月24日 『nanapi [ナナピ]』
http://nanapi.jp/1059/

「送信しました。取消。」とでてもまだ送信されてはなく、実際に送信するまでタイムラグを作る機能ですね。

上の記事の設定補足として、送信取り消しを有効にしたあと 設定>全般 で10秒から30秒までの秒数が選べるようになってます。
これはかなり有効なんで、充分Zip誤送信対策の代わりになると思います。

Gmailじゃなく会社のドメインでメールを使いたい

独自ドメイン使えます。

「GoogleAppsで独自ドメインメールの設定について」 『Google Tips』
http://g-tips.net/apps/

すでにメールサービス使ってるのでいまさら変更するの無理

今のメールをGmailに転送して、Gmailからは元のメールアドレスで送信可能です。
これなら費用なしで、今のメールのままGmail使えますね。

「outlook2010で受信しているメールを、自動的にyahooメールに転送するようにしたい…」 2012年03月14日 『Yahoo!知恵袋』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1283459517

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy