体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原子を動かして制作したギネス記録の極小アニメがスゴい! IBMが制作した『A Boy and His Atom』

原子を動かして制作したギネス記録の極小アニメがスゴい! IBMが制作した『A Boy and His Atom』

人形を動かすクレイアニメや砂絵を動かすアニメなど、コマ撮りで制作するストップモーションアニメ。表現の面白さだけでなく、その制作の手間がさらに見る人を感動させてくれるストップモーションアニメですが、ちょっとやそっとではマネできそうもない作品が登場。なんと原子を動かして撮影したという極小アニメなのです。

原子と少年の交流を描く

A Boy and His Atom

『A Boy and His Atom』は、IBM研究所が制作したアニメ作品。2013年2月に「世界最小のコマ撮り映画」として“ギネス世界記録”に公認されています。

冒頭のシーン

画面中央に12コ並んだ原子から、1コの原子が飛び出してストーリーは始まります。

一緒に踊る原子と少年

少年と出会った原子は、飛び跳ねるダンスと音で少年にごあいさつ。すると少年はダンスであいさつを返し、意気投合した原子と少年は一緒に踊り始めます。

「THiNK」

少年が原子をボールのように投げたり、原子がトランポリンに変化して少年を跳ねさせたりして遊ぶ原子と少年。やがて原子は空に舞い上がり、「THINK」「IBM」の文字を原子で描いて本編は終了。おとぎ話を読んだような、ほのぼのとした気分になる作品に仕上がっています。

極小だけど撮影は大掛かり

米カリフォルニア州サンノゼにあるIBM研究所

1分34秒と短い作品ですが、原子を動かして1コマ1コマ撮影していると思うと、なんだか気が遠くなってきますね。このアニメは米カリフォルニア州サンノゼにあるIBM研究所の研究員4人が、2013年1月29日から2月6日の9日間、1日18時間かけて撮影したのだとか。

STM

撮影には、STM(Scanning Tunneling Microscope、走査型トンネル顕微鏡)という装置が使われました。STMは、プローブ(探針)と呼ばれる細い針を1ナノメートルの距離まで原子に近づけて、プローブと原子の間に流れるトンネル電流を計測することでナノの世界を画像化する装置。プローブと原子の間には引力が生まれるため、プローブで引っ張るようにして原子を移動させることができます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。