ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidベースのコンソールゲーム機『OUYA』の一般販売が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オンライン資金調達サイト『Kickstarter』のプロジェクトから生まれたAndroidベースのコンソールゲーム機『OUYA』の一般販売が米国、カナダ、英国で現地時間6月25日より開始されました。

『OUYA』はAndroid Jelly Beanを搭載した据え置き型の家庭用ゲーム機。ゲーム機本体をHDMI対応テレビや外部ディスプレーに接続することで、大画面でAndroidゲームを楽しむことが可能。Androidアプリやスクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジー』シリーズを提供することを決定し、バンダイナムコなどの有名デベロッパーも続々とゲーム開発に参入を検討・表明しています。

『OUYA』は現在のところ米国(Amazon、BestBuy、Target、GameStop)、英国(Amazon、GAME)、カナダ(Amazon)を通じて販売されています(既に売切れとなっているところもあります)。価格はゲーム機本体とワイヤレスゲームコントローラー×1がセットで$99.99(約9700円)。ワイヤレスコントローラーは1個$49.99(約4800円)で販売されています。
ゲッコー・アンド・カンパニー、Androidベースのオープンゲーム機「OUYA」を国内向けに発売
Source : OUYA



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xperia AX SO-01E」にゲームアプリの音問題を解消するアップデートを提供開始
LGの次期フラッグシップ「LG G2」の画像が流出、ボタンが背面に移動してる
「SmartWatch 2 SW2」のデモ映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP