体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、Snapdragon 800を搭載した6.44インチフルHDスマートフォン『Xperia Z Ultra』、5インチエントリーモデル『Xperia C』、スマートウォッチ新モデル『SmartWatch 2 SW2』を正式発表

Sony Mobileは6月25日、同社が中国・上海のJumeirah Himalayasホテルで開催した『Mobile Asie Expo 2013』に向けたプレスカンファレンスにおいて、ペン入力に対応した6.4インチ大画面スマートフォン『Xperia Z Ultra』、エントリー向けの5インチスマートフォン『Xperia C S39h』、スマートウォッチの新モデル『SmartWatch 2』を発表しました。いずれも、2013年Q3中にSony Mobileが選択した国・地域で発売される予定です。『Xperia Z Ultra』については、中国で最初に発売されることになっています。

『Xperia Z Ultra』は、画面サイズ6.44インチ1920×1080ピクセルの液晶ディスプレーを搭載したハイエンドモデル。スマートフォンでは初めて“TRILUMINOS Display for mobile”技術を採用し、色の再現性を向上しました。また、モバイルBRAVAエンジンをアップグレードした『X-Realityエンジン for Mobile』を搭載し、色とコントラストの調節機能を改善しました。

『Xperia Z Ultra』のディスプレーはペン先1mm以上のものならスタイラスペンとして利用できるのだそう。筐体は『Xperia Z』や『Xperia Tablet Z』の“OmniBalance”デザインを採用したフラットボディ。カラバリはブラック、ホワイト、パープルの3色。厚さ6.5mm・質量212gの“ウルトラスリム”・“ウルトラ軽量”のデザイン、IP55/IP58の防水・防塵に対応した“ウルトラ頑丈”ボディ、さらに、Qualcommの最新SoC『Snapdragon 800 MSM8974(2.2GHzクアッドコア)』を搭載した“ウルトラファスト”な仕様が特徴。各要素で突出したスペックを備えるところが名前に“Ultra”の付く由来となっているみたいです。

Sony Mobileは『Xperia Z Ultra』と共に防水対応のBluetooth子機を開発しました。このBluetooth子機では、『Xperia Z Ultra』の通知や着信を受信することができます。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載し、Sonyのメディアアプリ(Walkman、アルバム、ムービー)は新バージョンのものが採用されています。

『Xperia C S39』は主に低価格市場をターゲットにした大画面スマートフォン。ディスプレーは5インチ960×540ピクセルのTFT液晶、プロセッサはMediaTek製MT6589 1.2GHzクアッドコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、カメラは背面に800万画素の『Exmor R for Mobile』を搭載。OSはAndroid 4.1(Jelly Bena)です。ソフトウェア・機能面は他の2013年モデルとほぼ同等の模様です。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。