ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ギャル語流行語」なみに意味不明な言葉“キモサベ”ってなんだ?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「アベノミクス」「今でしょ」「じぇじぇじぇ!」今年は早くも流行語大賞の協力な候補が揃いぶみ。どれも聞かない日は無いというほど、私の身の回りにあふれている言葉です。一方で、毎年「意味が全然分からない!」と話題になるのが「ギャル語流行語大賞」。

例えば、2012年の「ギャル語流行語大賞」では1位が“○○たん”、2位が“テンアゲ”、3位“ばくわら”というラインナップ。今年は“激おこぷんぷん丸”“ガチしょんぼり沈殿丸”などが有力候補と言われています。

自分が聞き覚えのある、意味の分かる言葉より、まったく意味が分からない言葉に惹かれてしまうのが人間の性……。そんな知識好奇心の高いあなたには、最近にわかに話題となっている言葉「キモサベ」をご紹介します。


Twitterで「キモサベ」と検索してみると……?

キモサベと聞くと、日本人の私たちは“キモい○○”と連想してしまいがちですが、意味は全く異なる「信頼できる友人」というもの。

由来は、南西部のテワ族の先住民ヤヴァパイ族の言葉で「kema」と「sabe」からきているという説や、海外のラテン音楽によく登場する「ke -mo sahmo sah mo sah mo sah-bee」というフレーズからきている説など諸説ありますが、どれが正しい物かは分かっていないのだとか。

そもそも、キモサベという言葉は。米国で1949年から1957年までの8年間に渡って放映された全211話のテレビドラマ『ローン・レンジャー』の中で先住民の「トント」が使用し、ブームとなった言葉。8月2日から公開となる映画『ローン・レンジャー』では、50年以上の時を越えて“キモサベ”の世界が蘇ります!

本作でトントを演じるジョニー・デップをはじめ、キャスト・スタッフ陣が登場したワールド・プレミア(6月22日アメリカ)では、主演のアーミー・ハマーが「日本のキモサベたち!また日本にいけることを楽しみにしているよ!」とコメントしており、映画公開が近づくと共に“キモサベ”が盛り上がる日も近そうです。

『ローン・レンジャー』ストーリー

少年時代の忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、聖なる力によって瀕死の男ジョンを甦らせる。ジョンは法に基づく正義の執行を求め、復讐のために手段を選ばないトントと対立。だが、愛する者を奪われた時、彼は不思議な力を持つ白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として、トントと共に巨悪に立ち向かう。最後に世界を救うのは正義か?復讐か?

『ローン・レンジャー』は8月2日(金)より全国にて公開。

http://www.disney.co.jp/loneranger/

(C)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。