ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エナジードリンクの真打ち登場!?『スターバックス リフレッシャーズ』を発売早々に飲み比べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

疲れている時やここぞという時に飲みたいエナジードリンク。需要が高まるにつれ各社から様々な成分やテイストの商品が発売されてきましたが、そこにスターバックスが参入。その名も『リフレッシャーズ』として、2013年6月25日より全国のセブン-イレブンで先行発売されました。
筆者もひどい時には一日一本エナジードリンクを飲まないと気が済まない性分なので、早速飲み比べてみることにしました。

発売されたのは、『ベリーベリーハイビスカス』と『クールライム』の二種類。最寄りのセブンイレブンにもエナジードリンクのコーナーに置いてありました。売価は200円(税込)。スタバのロゴと銀色のボディが一際光っており、見た目のエナジー感は充分といったところ。

『リフレッシャーズ』の最大の特徴は、アラビカ種の焙煎前のグリーンコーヒーの生豆から抽出したカフェインがベースになっているところでしょう。高麗人参エキス、ビタミンB6などが配合され、既に販売しているアメリカでも好評とのこと。

『ベリーベリーハイビスカス』はベリーの味とハイビスカスの香りの一品。グラスに開けてみると、鮮やかで透明なレッドの液体でした。肝心のお味は、甘みは少なめながら炭酸のパンチが効いており、飲み干した後もベリーの余韻が口の中に残るほど香料がしっかりしています。舌ざわりになんとなくカフェインが感じられる程度なので、コーヒーが苦手な人でも飲むことができるのではないでしょうか。

一方、『クールライム』はぶどうとライム果汁が配合され、ミントの香料がさっぱりとした印象を受けるドリンク。口当たりは想像以上に強く、ゆっくりと味わいながら飲む方がよさそう。こちらも甘みはほどほどで、各社のエナジードリンクと比べてもフレッシュな味になっています。

『ベリーベリーハイビスカス』と『クールライム』のどちらも、味・香りが比較的強めなので、人によって好みが分かれそうではありますが、気分転換や疲労感を抑えるためにはこれくらいの方がいいのかも? 先行する各社商品とはまた違った味ではあるので、エナジードリンク好きは試しに飲んでみてはいかがでしょうか。

スターバックス ディスカバリーズ® スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/starbucksrefreshers/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP