ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村カエラの新レーベル〈ELA〉始動! 第1弾は初のコラボ・カヴァー作『ROCK』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

木村カエラがビクターエンタテインメント内に設立し、自ら代表を務めるプライヴェートレーベルの名前が〈ELA(エラ)〉に決定。その第1弾作品として、コラボ・カヴァー・アルバム『ROCK』をリリースすることが決定した。 

 


左から、プライヴェートレーベル〈ELA〉ロゴ(白)、(黒)

 

レーベル名の〈ELA〉は、自身の名前のアルファベット表記〈KAELA〉から名付づけたもので、スペル違いの英語〈ERA〉の〈時代〉という意味を併せ持つもの。彼女がデビュー9周年を迎える6月23日に始動し、同日にカエラ初のコラボ・カヴァー作『ROCK』の内容も発表となる。アルバムは、自身が影響や刺激を受けた60年代、70年代、80年代の海外の音楽を彼女が好きな国内外のアーティストとの共演でカヴァーするという内容で、10曲前後が収録される予定。楽曲をカヴァーするアーティストにはザ・フーやユーリズミックス、共演者にはChara、石野卓球らの名前が候補に挙がっているとのこと。参加アーティスト第1弾は6月23日に発表となり、第2弾、第3弾も随時レーベルのオフィシャルサイトでアナウンスされる。

また今回、Twitterでのファンとのコラボレーション企画として、カエラのスタッフ公式アカウント(@kaela_staff)が〈木村カエラにカヴァー&歌って欲しい楽曲〉を募集。ハッシュタグには〈#rock_rq〉が使用される。採用された人はTwitterのアカウント名がCDに同封のブックレットに〈スペシャル・セレクター〉として掲載される。こちらの詳細も6月23日に発表の予定。

 

木村カエラ コメント

レーベル名は〈ELA〉です。
KAELAの〈ELA〉&〈ERA=時代〉という言葉から名付けました。

そして、ELA MUSIC最初の作品は、
コラボカヴァーアルバムです。

この機会に、自分の好きな音を探す作業に入った私は、
60s 70s 80sの楽曲を聞いてるうちに、
自分のスタイルを確立し、貫くアーティストたちから
改めて刺激を受けました。
そのROCKな生き方、そして時代を作り上げた彼らの曲をカヴァーすることが、
はじまりの作品にふさわしいと感じました。
更に、今現在活躍されているアーティストの方たちとコラボをして、
このアルバムをつくり上げることが素晴らしいと思いました。

タイトルは〈ROCK〉
きっとすごい作品になります。

秋には完成するとおもいますので、
楽しみに待って頂けると、うれしいです。
よろしくお願いします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP