ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公式Android 4.2.2を搭載した海外版Xperia Zのデモ映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日流出した公式ファームウェアを利用したXperia ZのAndroid 4.2.2のデモ映像がチェコのXperia関連ブログ Xpeira.czで公開されました。Xperia Zには現在のところAndroid 4.1.2が提供されていますが、流出ファームウェア(10.3.A.0.407)よりAndroid 4.2.2へとアップデートされる見込みです。アップデート時期は不明ですが、今年のフラッグシップモデルなので、これまで発売されたJelly Bean端末の中でも最初の方に実施されることでしょう。動画を視聴した限り、OSのバージョンアップに伴い、一部外観や機能の追加・変更なども行われているようです。OSバージョンアップによる変更としては、ロック画面ウィジェットへの対応、スクリーンセーバー(Daydream)にも対応しています。Quick Settingsパネルは、独自の「クイック設定ツール」を拡張しているので、そのままの形で実装されることはないと思われます。Sony Mobile独自の変更としては、ステータスパネルとナビゲーションバーのカラーリングがテーマによって変わる仕組みになっており、クイック設定ツールはデフォルト1行表示ですが、種類が増えたほか、入れ替え可能になっています。また、アプリ起動履歴とスモールアプリランチャーは刷新されており、スモールアプリランチャーはフルスクリーン表示のパネルが新たに実装されています。タブレットではサポートされていたウィジェットのスモールアプリ化にも対応した模様です。Source : Xperia.cz



(juggly.cn)記事関連リンク
「Yahoo!ショッピング」の公式Androidアプリが公開中
Samsung Japan、Galaxy S 4の機能紹介動画を公開
中国OPPOの次期フラッグシップ「Find 7」が9月中旬に登場するとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP