ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清川あさみのビジュアルが作品作りを後押ししていた! 映画『ハル』日笠陽子感涙の女子限定イベントへ潜入 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

監督:牧原亮太郎×脚本:木皿泉×キャラクター原案:咲坂伊緒の異色タッグで注目される劇場中編アニメーション『ハル』。事故で最愛のハルを失った“くるみ”と“ハル”のかわりとなるロボハル。ロボットと人が心通わす奇跡を描いた、号泣必至の近未来ラブストーリーです。

現在公開中の本作、公開直前6月1日(土)ポニーキャニオン1Fイベント会場にて、日笠陽子さん(くるみ役)、牧原亮太郎さん(監督)、寺西史さん(プロデューサー)による女子限定★公開直前イベントが開催されました。この日は、登壇した3名とも涼やかな浴衣姿で登場。日笠さんは劇中でもポイントとなるボタンの髪飾りでとても可愛らしく髪をアレンジされていました。

――では初めに、6月8日の公開初日が迫っていますが、今の皆さんのお気持ちをお聞かせください。
日笠陽子さん(以下・日笠):『ハル』のお話を聞いてから、公開までずっと先だなぁ、と思っていたんですけど、すごくあっという間に時間が経ったなぁ、もうかぁ! という感じです。だって去年とかからですもんねぇ、お話しいただいたのは。

牧原亮太郎監督(以下・牧原監督):そうですね。秋くらいからお話ししてましたよね。

日笠:でもこうやって試写会とかをやったり、今日のように女性限定イベントで、女性のかたに来ていただけるっていうのはほんとに嬉しいことだな、と思いますし、みなさんに観ていただくためにこうやって作ってきたので、公開日を迎えてもっともっとたくさんの方にも観ていただけるのが楽しみですね。

寺西史プロデューサー(以下・寺西P):制作に入ってからあっという間だったという印象もありつつ、オリジナルのアニメーションの映画ってどうやって作ればいいのかな、ってまだ形もなにもないときにいろいろ打ち合わせをしていたときのことを考えると、その打ち合わせのところに今から行って「こういう素敵な作品ができたよ!」って言ってあげたいような気持ちで今はおります。もうあっという間だった気がします。

牧原監督:そうですね。今だから完成してよかったな、っていうのが一番思うことです。去年の四月に初めて木皿泉さんの家に行って、脚本をいただいたんですが、もうそこから夏くらいまで脚本を上げていただけず(笑)。

で、夏に脚本があがらなかったら、「これ、公開間に合わないな。」とずっと思ってたんですけど、なんとかそこから半年くらい画を描いて、やっとこさ完成させて、お客さんに観ていただける日が来て、本当によかったな、というのが今の正直な感想ですね。

――今回日笠さんはヒロイン役という以外にも主題歌「終わらない詩」も担当されているということで、まもなく発売されるんですよね。

日笠:そうなんです、6月5日に発売します。この曲はもともと私が「いいな!」と思って自分で選んでいた曲だったんですけど、『ハル』の世界観にもいいかな、と思ってこっそり監督にお渡ししたところ、この曲になりまして。歌詞も監督に選んでいただいたり、みていただいたりして。

PVは基本的に自分で作っているんですけども、PVもちょっと『ハル』の世界観をお借りして、ボタンとかこっそり出てきたりして。白い世界に唯一の色味がそのボタンなんですけど、“ハル”が“くるみ”と出会って、自分の白かったモノが色とりどりに色づく、みたいなイメージで作っています。そして終わりをすごく切なくなる作りにしてるんですよ。それは『ハル』をオマージュしているというか。なので初回盤をぜひみなさん手にとって、PVをみてください。

――寺西プロデューサーにお伺いしますが、今回脚本やキャラクター原案など、どちらかというとアニメーションに関わるのが初めてのスタッフさんが多かったかと思うのですが、企画の段階で何か意図したことなどあったのでしょうか?

寺西P:通常アニメの仕事をされていない皆さんではあったと思うんですけども、どちらかというとアニメーションという枠をもう飛び越えて、とにかく“人が人を想う”っていうのはどういうことか、ということをきっちりと描いたものをつくりたい、っていうところが発端だったので。でも今から考えてみると、木皿泉さん(脚本)で、咲坂伊緒先生(キャラクター原案)で、清川あさみさんにデザインやっていただいたりとか、もうこんなみなさんが集まっていただいたなんて奇跡だなぁ、という気はいたしますけども。

――監督にお伺いしますが、本日も女性の方に観ていただきましたが、女性の方に観ていただきたいポイントや意識した点などありますか?

牧原監督:ここが完成形なんだ、ってずっと思いながらやっていましたね。
こちらが清川あさみさんが手がけた第一弾ビジュアル。清川さんらしいキラキラとした繊細なデザインが乙女心をくすぐります!

※そしてイベント中盤“ハル”の声を演じた細谷佳正さんからビデオレターが届き、監督へ「なぜ劇中のキーポイントとして選ばれたのが他の動物ではなくキリンだったのか?」という質問が伝えられました。

牧原監督:キリンは、一番最初の脚本に、ハルとくるみの思い出として、キリンにセーターを編んであげる、みたいなくだりがあったんですよ。それが結局ルービックキューブの思い出に変わっりました。最初はキリンにセーターを編んであげるっていうのが、いいんじゃないか、といことでやっていたので、キリンはその名残ですね。で、あとはフィギュアにしたら売れるかなっていう(笑)。※実際に劇場商品「キリンさんボールチェーン」として販売。

またこの日は、京都のおたべとコラボした『ハル』仕様の塩のおたべが用意され、サプライズで会場に来たお客さんに1箱ずつ、日笠さんから手渡しするお渡し企画が行われました。

さすが人気声優の日笠さん、会場に来ていた女性たちは熱烈なファンの方も多く、直接の手渡しに泣き出してしまう人も。多くのファンの方の熱い気持ちに日笠さんも感涙。会場全体が感動の空気に包まれていました。
そしてなんとこの日誕生日だというお客さんが! 目の前で日笠さんにバースデーソングを歌ってもらうという、とっても贅沢なプレゼントもいただいていました。

女子限定イベントも大成功だった劇場アニメーション『ハル』。現在大ヒット上映中です。

映画『ハル』公式サイトhttp://hal-anime.com/
2013年6月8日 劇場公開※上映中
(C)2013 ハル製作委員会

オタ女の記事一覧をみる ▶

記者:

「オタ女」(おたじょ)は“ちょっと”オタクだったり、“隠れ”オタクだったりする女性の為のサイト。アニメ、マンガ、ゲームや声優さんについての情報を楽しく紹介していきます。オタ女だってカワイイものが大好きだし、キレイになって充実した毎日を送りたい。女性なら誰でも気になる美容や恋愛に関する情報も満載です。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

TwitterID: otajo_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP