体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イエモン新ベストの投票企画、中間発表第2弾で“JAM”が逆転首位に

 

PIX by Mikio Ariga

 

7月31日にリリースされるTHE YELLOW MONKEYの新たなベスト・アルバム(タイトル未定)。その収録曲を決める中間発表第2弾の結果があきらかとなった。

イエモンの全122曲を対象とするこの投票企画は、日本コロムビアの特設サイトにて6月20日まで受け付けが実施されているもの。本日6月13日付のランキングでは、第1次発表で1位だった“バラ色の日々”を抜き、前回2位だった96年発表の大ヒット・シングル“JAM”が逆転して首位に。ファンの間で高い人気を誇る“SUCK OF LIFE”“花吹雪”“天国旅行”が継続して3位から5位を占めているものの、10位台から20位台までは得票数が拮抗しており、最終的にどの楽曲がCDに収められるかは予想がつかない状況となっているという。なおアルバムには、上位の10数曲がテッド・ジェンセンによる最新デジタル・リマスタリングを施したうえでBlu-Spec CD2に収められる予定。

また、投稿したファン全員の写真によって作られる巨大ヴィジュアルの掲示場所および期間もあきらかに。タワーレコードでは、渋谷店と仙台パルコ店にて掲出する予定。詳細は投票企画のキャンペーンページにてご確認を。

★THE YELLOW MONKEYの新ベスト・アルバム投票企画の第1弾発表についてはこちらから
★THE YELLOW MONKEYの新ベスト・アルバムの仕様などについてのニュースはこちらから

 

〈THE YELLOW MONKEY ファン選曲ベストアルバム 中間発表第2弾〉
※()内は前回順位
1位. JAM(2)
2位. バラ色の日々(1)
3位. SUCK OF LIFE(4)
4位. 花吹雪(3)
5位. 天国旅行(5)
6位. SO YOUNG(7)
7位. 真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution) (6)
8位. 楽園(9)
9位. 追憶のマーメイド(10)
9位. プライマル。(14)
11位. WELCOME TO MY DOGHOUSE(8)
12位. SPARK(12)
13位. 太陽が燃えている(11)
13位. BURN(16)
15位. LOVERS ON BACKSTREET(15)
16位. 悲しきASIAN BOY(13)
16位. パール(18)
18位. 球根(20)
19位. Love Communication(17)
20位. 聖なる海とサンシャイン(21)
21位. Father(25)
22位. Four Seasons(19)
22位. 空の青と本当の気持ち(24)
24位. LOVE LOVE SHOW(26)
25位. MOONLIGHT DRIVE(22)
25位. This is For You(23)
27位. NAI(29)
27位. ROCK STAR(27)
29位. BRILLIANT WORLD(28)
30位. 熱帯夜(30)
30位. カナリヤ(30位圏外)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会