体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

今回は鈴木傾城さんのブログ『DARKNESS』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/358888をごらんください。

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

株式相場の上がり下がりを見て「もっと上がる」「もう下がる」と叫ぶ専門家が多い。

しかし、本当に株式の上げ下げが分かるのであれば世界ナンバーワンの金持ちカルロス・スリムや、世界最大の相場師ジョージ・ソロス並みの金持ちになっている。

誰もそうなっていないというところを見ると、やはり誰も相場が分かっていないということだ。

ただ、分かることはある。下がっているものは上がるし、上がっているものは下がるということである。

アベノミクスでここ半年間、ほとんど調整らしき調整もなく株式は暴騰してきた。しかし、ここに来て株式相場が調整してきており、乱高下を繰り返している。

これを受けて、民主党が「バブルが崩壊した」とか「アベノミクスがアベノリスクになった」と叫びだしているが、果たして今回の上昇をバブルと言うのだろうか。

ひとつのチャートを用いて、民主党がいかに愚かで馬鹿げた印象操作をしているかをここで見てみたい。

1994年から2013年までの日経平均のロングチャート

まず最初に、1994年から2013年までの日経平均のロングチャートを見てほしい。以下のものだ。

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/0013.jpg

これを見ると、左の巨大な相場の上昇があって、1990年以降はずっとじり貧のまま推移しているのがすぐに分かる。

左の40000円に手が届きそうになっている巨大な山が、私たちの言っている「バブル」である。誰がどう見ても、非常に巨大な山であることが分かる。

この山の高さを確認しながら、視線を一番右端に持っていってほしい。

一番右端の相場上昇がアベノミクスだ。今回のアベノミクスの相場上昇を見て、「これは危険なバブルだ」とあなたは思うだろうか。

客観的に見ると、今回の株価上昇は、単に2009年から2012年までの日本株式の「絶不調」から脱しただけに見えないだろうか。単純に言えば、それが正しい見方だ。

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/0021.jpg

この絶不調の時代とは何の時代だったのか。もちろん、「民主党政権の時代」だったのだ。 どこからどこまでが民主党時代だったのか、分かりやすく示したのが以下のものだ。

日本が一番低迷している時期と、民主党政権の時期がぴったり重なっているのを、これを見て改めて実感して欲しい。この間は乱高下もない。ただ、「死んでいた」だけだ。

バブル崩壊? まだバブルの入口にさえも到達していない相場

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/0031.jpg

現在、民主党の党首は海江田万里という男だが、この男は安愚楽牧場の和牛預託商法を「素晴らしい投資だ、リスクはゼロ」と煽っていた張本人である。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。