ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneがあのゲーム機に変身? ゲームコントローラー『Caliber Advantage』が発表される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『iPhone』はゲーム機と変わらない実力を端末としては持っています。しかし、ゲームファンにとって十分魅力的な端末にはなりませんでした。この理由としては“十字キー”やボタンなどがないため、ハードなアクションゲームや繊細な入力が必要なゲームのプレイが困難であったためです。アップル社の技術カンファレンスの『WWDC 2013』(WorldWide Developers Conference、アップルの開発者向け発表会)でゲームコントローラーに関する仕様が次期OSのiOS7から定められました。この仕様に基づいたiPhone5向けのゲームコントローラー型ケース『Caliber Advantage』がifrogzから発表されました。

アップル認定なので安心です

今までもアプリケーション用の特殊なデバイスが発表されていましたが、専用アプリでしか動作しないものがほとんど。 『Caliber Advantage』はアップルが定めたゲームコントローラーのインタフェースに準拠しています。 このため、アップルの仕様に基づいてゲームアプリが作成されていればゲーム操作が可能です。このため互換性などを気にする必要なしに購入することができます。

取り付けたままでも邪魔でない

本製品はゲームコントローラーとして使わないときは、背面にコントローラーを収納できます。このため、ゲームをプレイしていない時でも邪魔になりません。常に装着されているので、気が向いたら広げてゲームを楽しむことができます。また、『iPhone』を回転させることもできるので『テトリス』のような落ち物パズルゲームや『ゼビウス』のような往年の縦スクロールゲームもフル画面で楽しめる仕様です。

ゲーム戦争はスマホが更に有利に

最近ではゲーム機とスマホとのゲームのシェア争いが起こっていますが、ゲーム専用機には操作しやすい伝統的なコントローラーが付いており、スマホより有利な状況でした。 今回『WWDC』でアップルがゲームコントローラーの標準仕様を定めた背景には、ゲーム業界に本気で進出する考えが見えます。

『Caliber Advantage』の価格は$59.99と公式サイトに書かれています。他には
・接続はBluetooth
・リチウムポリマー電池を搭載
・アナログコントローラー
などが仕様として表記されています。

Caliber Advantage | Enhancing Your Mobile Experience | iFrogz by ZAGG
http://www.zagg.com/ifrogz/caliber/advantage

iOS 7 beta for Developers – Apple Developer
https://developer.apple.com/ios7/
[リンク]

写真はwww.zagg.comから

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP