ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung HomeSync、アジア圏では6月に発売、価格は$300前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungのAndroidベースの”パーソナルクラウドデバイス”「HomeSync」がアジア地域で今月中に発売されるとCNET Asiaが伝えています。HomeSyncはJelly BeanバージョンのAndroidや1TBのHDDを搭載したAndroid端末。Androidパソコンとしての用途に加えて、Galaxyデバイスのファイルを保存したり、再生したりと、メディアコンテンツを共有できるネットワークストレージとしても機能します。プロセッサは1.7GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量8GB+1TB HDD、外部端子はUSB3.0×2、Micro USB×1、HDMI出力端子(v1.4)、ギガビットイーサネット、光オーディオ出力。ネットワークとの接続は有線LANと無線LANに対応。無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz、HT40モード、2×2のMIMO、Wi-Fiチャネルボンディング)に対応します。HDCP 1.3/2.1、Playready、Widevide、TrustzoneなどのDRMにも対応しています。CNET Asiaによるとアジアの国では今月中より発売開始となるそうです。価格は310米ドルと伝えられています(約30,200円)。国によっては既に発売されているかもしれません。Source : CNET Asia



(juggly.cn)記事関連リンク
 米Sony、音声検索にも対応したGogole TV新製品「Internet Player with Google TV(NSZ-GS8)」を発表、米国で7月上旬に発売、価格は$199
Galaxy Note IIIの試作機の写真が公開
マイアプリマネージャー : アンインストールの履歴保存やPlayリンクのブックマーク保存も可能なAndroidアプリ管理ツール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP