ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、次世代Atom SoC”Bay Trail”を搭載した10.1インチWQHDのAndroidタブレットを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IntelがComputex Taipei 2013において、同社の次世代Atom Soc”BayTrail”を搭載したAndroidタブレットを披露しました。”Bay Trail”は、次世代22nmプロセス技術に基づき作成されるモバイル向けのSoC。同社が先月発表した”Silvermont”マイクロアーキテクチャーを採用したクアッドコアCPUと第7世代グラフィクスチップなどを搭載しており、前作のAtom Z2760と比較して、処理性能は2倍、グラフィックス性能は3倍向上したと言われてます。”Bay Trail”はAndroidとWindowsをサポートしており、2013年末よりこのSoCを搭載した製品が市販される見込みです。タブレット向けには”Bay Trail-T”というコードネームが割り当てられています。また、LTE対応のマルチモードモデム「XMM 7160」とも連携可能です。 Computex Taipei 2013で披露されたタブレットは市販品ではなく”Bay Trail-T”のリファレンスモデルとなる端末。10.1インチ2,560×1,440(WQHD)の高精細液晶とAndroid 4.2.2(Jelly Bean)が搭載されています。動画では、UIが解像度に合っておらず、表示が少し小さく見えますが、動作は非常になめらかです。Source : AnandTechMobile GeeksIntel



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けホームアプリ「Action Launcher Pro」で大規模アップデートが実施、Shutter機能がLabsから抜けICSにも対応、ホーム画面アイコンの拡大・縮小も可能に
HTC OneのS-OFFツールがRevolutionaryチームよりリリース
HTC One MAX”T6”の流出したスケッチ画像が公開、HTC Oneにそっくりな外観、ディスプレイサイズは5.9インチ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP