体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人ができない“世界のフツー”とは?

エンタメ

日本人ができない“世界のフツー”とは?
 「日本のビジネスマンの多くは、いくらエリートと言われていても、世界に出て行っても大きな活躍をすることができない」。この主張に対して、あなたはどう思うでしょうか。語学も論理的な思考法も身に付けたエリートビジネスマンならば太刀打ちできるはず! と思う人もいるはずです。
 しかし、海外で長く活躍してきたベテランビジネスマンに言わせれば「まだフツーレベルですら追いついていない人が多い」レベルなのだとか。『そろそろ、世界のフツーをはじめませんか』(今北純一、船川淳志/著、日本経済新聞社/刊)では、海外のビジネスシーンで活躍する二人の著者が、「世界のフツーができない日本人」をテーマに、世界で活躍できる人材について語り合っています。

 今回、新刊JP編集部は今北氏と船川氏、2人の著者にインタビューを敢行。海外でビジネスをするために本当に必要な力について話を聞きました。英語は必要だけど、もっと大事なものがある。それは一体なんなのでしょうか…?(以下、敬称略)
(新刊JP編集部)

■英語は必要だがもっと大事なものがある

―本書では、日本人のエリートでもいまだに「世界のフツー」に届いていないことに警鐘を鳴らし、その上で何をすべきかがお二人の対談によって語られています。一点、思うのは日本の文化として、「世界のフツー」とは真逆のことが根付いて取れていないように思うのですね。例えば自分の言っていることが皆と同じかどうかで正解を判断する、と。

今北「そういう側面はありますよね。皆と同じならば正解で、それを気にしちゃっている。これはほとんど習性じゃないかと思います。ヨーロッパはその反対で、自分が合っているかどうかは気にしないんです。まずは自分の言いたいことを言い続ける。僕はこの本の中で『知的ボクシング』って書きましたが、負け続けると相手にされなくなっちゃうんですよ。この人は何も言わないのかって。自分の意見やファッション、信条のようなその人特有のものを発信できないと、最後は無視されてしまうんです」

船川「海外のビジネススクールで、教授がハイスピードでディスカッションをすすめているときに、たまたま自分が考えるていことと同じ発言を直前に言われてしまうことがあるわけですよ。そんな時、日本人は『同じ意見でした』って言っちゃうわけですよ。でも、欧米の生徒だけじゃなくて、『世界のフツー』の生徒たちは、意地でも何か違うことを言ってやろうとするわけです。まさに人と同じ意見では、付加価値がないとみなされてしまいます」

―それは、日本とはまさに対極ですよね。

今北「そうですよね。だから、日本の『空気を読む』っていう文化は変な言葉ですよ。気を使いながら、当たり障りなく済ませようとするでしょう。
私がルノー公団(自動車メーカーのルノー)に勤務していた頃、10万人のフランス人職員の中に、一人だけ日本人がいるんです。これだけでもある意味事件だけれど(笑)会議で知的ボクシングが行われるんです。で、ああでもないこうでもないとみんな同時に仕掛けるんですが、最後に勝つのは言葉にパワーがある人。日本はそうじゃなくて、こう話がありましたよね、とか新聞に載っていました、とか海外だとこんな事例が…みたいな感じで、主人公がいないんです。それらの意見から落とし所を探して、コンセンサスを取るんだけれど、向こう(フランス)とは正反対でしたね」

1 2 3次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会