ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、デュアルSIM対応機種「Desire 600」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Bencmarkの公式サイトに「HTC Desire 600 dual sim」という名前の端末のテスト結果が見つかりました。HTCが今年発表したスマートフォンに「HTC Desire 600」という名前の機種はありません。名前にアラビア数字の付くAndroid機種は(おそらく)皆無なので、偽装してテストした可能性があります。GFX Benchmarkの公式サイトで公開されているシステム情報によると、この端末は”cp3dug”というコードネームを持ちます。”cp3”のWCDMA・デュアルSIM版ということですね。以前より伝えられているHTC未発表機種のコードネーム一覧に今回の”cp3dug”はリストされていたので、開発中の実機でテストされたという可能性もあります。ちなみに、コードネーム一覧には”cp3dcg”や”cp3dtg”といった”cp3”で始まるコードネームもあり、通信方式別に複数のモデルが存在すると予想されています。”htc_europe”という文字からこの端末は欧州モデルを意味します。

htc_europe/cp3dug/cp3dug:4.1.2/JZO54K/190586.1:user/release-keys

その他、OSはAndroid 4.1.2(JZO54K)、CPUクロックは245~1209MHz、GPUはAdreno 203、解像度は960×540と表示されていました。Snapdragon S4 Playクラスのプロセッサを搭載したエントリーモデルとみられます。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus仕様のGalaxy S 4、発売時点では米国のみで販売
京セラ、米国キャリア向けに防水・防塵対応スマートフォン「Hydro XTRM」「Hydro Edge」を発表
エベレスト山頂かのスマートフォンを使用したビデオ通話が世界で初めて実現、HTC Oneが使用される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP