体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

au夏モデル新機種は『HTC J One』『Xperia UL』『AQUOS PHONE SERIE』『URBANO』の4端末 『スマートパス』リニューアルやサポートサービスも発表

au夏モデル新機種は『HTC J One』『Xperia UL』『AQUOS PHONE SERIE』『URBANO』の4端末 『スマートパス』リニューアルやサポートサービスも発表

KDDIは5月20日、『au発表会 2013 Summer』を開催。Androidスマートフォンの夏モデル4製品を発表しました。サービス面ではスマートフォンを「使いこなす」をサポートするというコンセプトを明らかにして、スマートフォン向け月額サービス『au スマートパス』のリニューアルやサポートサービスも合わせて発表。発表会のレポートをお届けします。

発表会にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。同社の事業ビジョンとして掲げる「Multi-Device」「Multi-Network」「Multi-Use」の「3M」戦略の第1弾として提示した『スマートパスポート』に続く第2弾『スマートリレーションズ』の発表を予告して新端末の発表に移ります。

今回発表されたのは4端末。いずれもLTEサービス『4G LTE』に対応し、ソフトバンクの『ダブルLTE』になぞらえて800MHz、1.5GHz、2.2GHzの3バンドに対応する「トリプルLTE」(田中氏)対応。同日付けのプレスリリースでは四国の一部エリアで6月から下り最大100Mbpsのサービス開始を発表したものの、ネットワークに関する訴求は発表会では見られませんでした。

グローバルモデルをau向けにカスタマイズした『Xperia UL』

Xperia UL SOL22 Xperia UL SOL22

最初に発表したのはソニーモバイルコミュニケーションズ製の『Xperia UL』。5インチフルHDディスプレーを搭載する『Xperia Z』をベースに、持ちやすさを意識したデザインを採用してau向けにカスタマイズした端末です。ドコモの『Xperia A』同様にカメラボタンを搭載し、15枚/秒で無制限連写できるカメラ性能、美しい5.0インチフルHDのReality Display、『Walkman』アプリによる高音質なサウンド、au向けにデザインした持ちやすさを特徴として紹介しました。

Xperia UL SOL22 Xperia UL SOL22 Xperia UL SOL22

OSにAndroid 4.1、1.5GHzのクアッドコアCPU、5インチ1920×1080ドットのフルHDディスプレー、1310万画素カメラ、2300mAhのバッテリーを搭載。『おサイフケータイ』、NFC、赤外線、ワンセグ、防水・防じんに対応します。エッジ部分を薄くしたデザインは厚みを感じさせず、『Xperia Z』より縦の長さを抑えて威圧感の少ない印象。『Xperia Z』と『Xperia A』のいいとこどりをしたデザインという印象です。5月25日の発売を予定しています。

『Xperia UL SOL22』主な仕様
サイズ:約W71×H135×D10.5mm
重量:約145g
連続待ち受け時間:約480時間(3G)、約440時間(LTE)
連続通話時間:約910分
LTE:下り100Mbps/上り15Mbps、下り75Mbps/上り25Mbps、下り37.5Mbps/上り12.5Mbps
3G:下り9.2Mbps/上り5.5Mbps
OS:Android 4.1
CPU:APQ8064 1.5GHzクアッドコア
ディスプレー:約5.0インチReality Display液晶 1920×1080 FHD
カメラ:約1310万画素 CMOS
インカメラ:31万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC 最大64GB
ROM:16GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2300mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n(2.5GHz+5Ghz)
Bluetooth:Ver4.0
ワンセグ:対応
赤外線:対応
Felica/NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト、ピンク、ブラック

『IGZO』搭載の『AQUOS PHONE SERIE SHL22』

AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE SERIE

続いて発表したのがシャープ製の『AQUOS PHONE SERIE』。『IGZO』液晶と3080mAhの大容量バッテリー搭載による3日間駆動、F値1.9の明るいカメラ、画面をなぞる操作で電源ON、本体を振る操作で電源OFFなど独自のジェスチャーや音声による操作、スタンダードなデザインを特徴として紹介しました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。