ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナーキーを前に怒髪天の気合い炸裂! 〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉レポPart.4

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


怒髪天 (photo by 菊池茂夫)

 

先日5月4日、毎年恒例となっているタワーレコード企画のロック・イヴェント〈TOWER RECORDS presents “MAVERICK KITCHEN”〉の第5弾が、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて行われました。ここでは、計14組が登場し9時間以上に及んだ同公演のレポートPart.4をお届けします!

 


KING BROTHERS (photo by 菊池茂夫)

 

11番目に登場したのは、〈MAVERICK KITCHEN〉初参戦のKING BROTHERS。ケイゾウ(ヴォーカル/ギター)とマーヤ(ギター/スクリーム)が当然のようにアンプに登ると、“マッハクラブ”で狂乱のライヴの幕が上がります。特に1回叫ぶごとにマイクを客席に投げ込むマーヤは、自分もフロアに飛び込むとファンに支えられて立ち上がったり、彼らの地元である兵庫・西宮をコールさせたりとやりたい放題。しかし2曲目“ルル”のブレイク部分でバンドがバッチリ息を合わせるなど、カオスのなかにロックンロールの醍醐味を凝縮したようなパフォーマンスが続きます。最後にドラム・セットを含め機材をフロアに下ろし、オーディエンスの真ん中で演奏した“☆☆☆☆”はこの日のハイライトのひとつとなりました。

 


THE PRISONER (photo by 菊池茂夫)

 

次にステージへ現れたのは、2年連続の〈MAVERICK KITCHEN〉参加となるTHE PRISONER。聴く者の心を揺さぶるような疾走チューン“COLOURS”で始まったライヴは、“かくれんぼ-HIDE AND SEEK-”“夜空を見上げて”など、先月に発表された彼らのミニ・アルバム『START』に収録されている新曲中心のセットリストで進行。名曲“STAY FREE”“LETTER”も披露され、ロックンロールやソウルなどの要素も感じるパンキッシュなバンド・サウンド、JUNICHILOWの圧倒的な歌唱力とパフォーマンス、彼とバッキング・ヴォーカルを務めるNANA GNAR GNARとのコンビネーションで会場の気持ちをひとつにしていました。

 


怒髪天 (photo by 菊池茂夫)

 

そして、来年1月の東京・日本武道館公演に向けて邁進中の怒髪天が登場。彼らは今回の〈MAVERICK KITCHEN〉にアナーキーのサポート・アクトとして参戦しており、開口一番「チャッチャと終わらせてアナーキー観るぞー!!」とシャウトした増子直純(ヴォーカル)は国鉄服を着用、楽器隊の3人も全員アナーキーの腕章をつけています。増子兄ィは血管が切れそうなほどの気合いが入っており、1曲目“NO MUSIC, NO LIFE.”では〈音楽のない人生なんて/アナーキーのいない日本のロック界みたい〉と歌詞を変えて絶唱。バンドはそのまま“酒燃料爆進曲”“ホトトギス”と人気曲を連発し、フロアの熱をさらに上げていきます。

MCでは、兄ィが「おれのドラゴンボールが全部揃った!」「今日はアナーキーを続けてもらうお願いをしに来た!」とぶち上げ、大歓声を浴びる一幕も。ちなみに、〈亜無亜危異〉の刺繍が入った彼の国鉄服は何年も前に作ったものだそう。ライヴは最新アルバム『ドリーム・バイキングス』に収録されている“ドリーム・バイキング・ロック”と、会場全体で拳が突き上げられた“濁声交響曲”で終了。兄ィは最後まで「アナーキー!!」と叫び続けていました。ついにヘッドライナーが登場する〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉、レポートPart.5をお楽しみに!

なお、〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉の模様が、CS放送のフジテレビNEXTで6月15日21:00から3時間に渡ってオンエアされます。当日の熱気を追体験したい方はぜひチェックを!!

★レポートPart.3はこちらから
★レポートPart.2はこちらから
★レポートPart.1はこちらから

 

〈TOWER RECORDS presents “MAVERICK KITCHEN VOL.5”〉@ 東京・恵比寿LIQUIDROOM 2013.5.4 セットリスト
【KING BROTHERS】
1. マッハクラブ
2. ルル
3. ☆☆☆☆

【THE PRISONER】
1. COLOURS
2. かくれんぼ-HIDE AND SEEK-
3. STAY FREE
4. LETTER
5. 夜空を見上げて

【怒髪天】
1. NO MUSIC, NO LIFE.
2. 酒燃料爆進曲
3. ホトトギス
4. ドリーム・バイキング・ロック
5. 濁声交響曲

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP