体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トリック・オア・トリート!今年はハロウィンに乗り遅れるな!

dsc_0578

「トリック・オア・トリート!トリック・オア・トリート!」

そんな声が聞こえてくるこの季節、いかがお過ごしでしょうか?

町のデコレーションもオレンジと黒に彩られ、街はちょっとしたパーティー会場さ!まったく日本人に縁もゆかりもなく、盛り上がりどころがいまいちわかりづらいこの『ハロウィン』ですが、わりと小さな商店街なんかもお菓子を配ったり、飾りつけをしたり、子ども達の仮装パレードなんかやってみたり、地域振興には役立っているのかもしれません。まあ、ハロウィン以外の日に子供に声をかけたら逮捕されかねないですけどね。

・ハロウィンとは?
そもそもハロウィンって『いつ』なの?って人も多いと思いますが、ハロウィンは『10月31日』で、この日はケルト人の一年の終わりなのです。そしてこの日はご先祖様や死者がよみがえってくる日とされていて、日本で言うところの『お盆』といった感じでしょうか。そして悪霊や魔女に取り付かれないように仮装をして火を炊いたとされています。そういう歴史がいまのハロウィンの原型となっているのですね。

・ジャックオーランタン??あのオレンジのかぼちゃなに?
アメリカの代表的なかぼちゃですが、食べれなくもないけど味はいまいちでお勧めできないとのこと。このかぼちゃの中身をくりぬいて、顔を作り中にろうそくを入れます。玄関の前に置いて、悪霊が怖がって家に来ないように魔よけとして飾られたのが『ジャックオーランタン』なのです。また『ジャックオーランタン』には悲しい伝説があります。あまりにも口がうまくて卑怯な男が、天国にも地獄にも行けずに、小さな灯りだけで暗闇の中を一人さまよい続けているという、なんともいたたまれない気持ちにさせられる内容です。

・トリック・オア・トリートってなんて意味?
「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!」って意味でして、子供たちが近所の家を回ってお菓子をもらって歩く際の掛け声なのです。子供達が仮装をしてこんな掛け声で家にくれば、ついついお菓子をあげたくなっちゃいますね!まあ、実際お菓子をくれないからと、いたずらなんてしようものなら、子供たちはナマハゲに懲らしめられてしまうでしょうが。あぁアメリカが秋田じゃなくて良かった!

・仮装
昔は、魔女やゾンビ、モンスターなど怖い仮装が多かったのですが、現在では普通に楽しく仮装するのが流行っているようです。今年あたりはアニメキャラに仮装した多くの人たちを街でみかけることでしょう。それってコスプレだけど気にしない!今年のハロウィンはちょうど土曜日、サタデーナイトイエイイエイ!です。さあ、今年は楽しくハロウィンパーティーに参加して、婚活だ!

■関連記事
【ハロウィン】コスプレ人気ベスト1は金正日
サンタクロースが警察から逃亡! 12月23日にアキバに出現か
日本人が安心できる甘さ『和素材工房 米づくり』を飲んでみた!

周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。