ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真の“人物の顔”を認識し、他の人の顔と取り替えてユニークな写真を作成できる「FaceSwap」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

携帯端末のカメラ機能が身近になった今、家族の写真、友人と撮った写真など、日常の写真を日課のように撮影して楽しんでいる人もいるだろう。友人たちとの話題づくりなら、「FaceSwap」がぴったりかもしれない。

「FaceSwap」は、写真の人物の顔をスワップ(交換)して楽しむアプリ。“顔認識”のテクノロジーが用いられており、画像内の“人物の顔”を検知して顔の位置を認識し、顔の部分だけを切り取って、そのまま他の顔と交換して貼り付けられるというものだ。

撮影した写真を使うだけでなく、保存してある写真をインポートして利用することも可能。もし、うまく顔を認識できない場合は、ピンチ操作やズーム操作で顔のサイズを変更することで、スワップ可能になる場合もある。作成された“スワップ写真”は、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルネットワークで、直接アプリから手軽にシェアすることができ、友人たちと共有して楽しめそうだ。

ただし、あまりにも暗い画像や、人物の顔が横を向いている場合は、顔認識がうまく作動しないため、正面を向いている画像が望ましいという。思わず笑いを誘ってしまうユニークな写真を作成できる「FaceSwap」は、iPhone版は通常1.99ドルのところ、期間限定で無料提供中。

FaceSwap

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP