ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高賞は「映画は、本当のことを言う嘘だ。」東京コピーライターズクラブ、優秀作品を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビCMや紙面広告など、私たちは毎日コピーを目にしているが、ここ1年で印象に残っているのはどんな作品だろうか?日本最大のコピーライター、CMプランナーの団体である東京コピーライターズクラブ(TCC)は、2013年度のTCC賞受賞作を発表した。

これは、2012年3月1日~2013年2月28日に実際に使用、掲載された各種広告、ネーミングなどを審査したもので、一般部門6134点の中からTCCグランプリ1点とTCC賞9点が決定。また、TCC非会員が応募する新人部門では、422名の中から最高新人賞1名と新人賞9名が選ばれた。

まず、栄えあるTCCグランプリに選ばれたのは、エイベックス・エンタテインメント「dビデオ」のテレビCM「映画は、本当のことを言う嘘だ。」(髙崎卓馬氏/電通)。同作品は、ロバート・デ・ニーロと松田龍平の共演でも話題になり、2人が軽妙な会話を交わすシーンは映画ファンたちを大喜びさせた。

TCC最高新人賞に選ばれたのは、博報堂の吉岡丈晴氏。「常識に尻を向けろ。NOT AUTHORITY, BUT AURIS.」(トヨタマーケティングジャパン/オーリス/テレビCM)と、「姉のメリットと妻の気遣い。」(旭化成ホームズ/2.5世帯住宅/新聞広告)での受賞となった。

TCC賞、TCC新人賞以上の受賞作、受賞者は、下記の通り。皆さんのお気に入りのコピーは入賞しているだろうか?

<TCCグランプリ>
【髙崎卓馬】エイベックス・エンタテインメント/dビデオ
「映画は、本当のことを言う嘘だ。」

<TCC賞>
【藤本宗将】本田技研工業/企業広告
「負けるもんか。」
【福里真一】トヨタ自動車/企業広告「ReBORN」
「バカヤロー!」
【廣瀬大】ステッドラー日本/企業広告
「使うたびに電源を入れる。そんな必要もありません。」
【福里真一・谷山雅計】東洋水産/マルちゃん正麺
「話しかけちゃった。こたえちゃった。夫婦ゲンカも休戦。
うそだと思ったら、食べてください。マルちゃん正麺。」
【前田知巳・澤本嘉光】トヨタ自動車/CROWN
「権力より、愛だね。」
「あ、出口だ」「入口だよ、未来の。」
【福部明浩】大塚製薬/カロリーメイト
「とどけ、熱量。」「♫ファイトの歌」
【磯島拓矢・平山浩司】旭化成ホームズ/ヘーベルハウス
「猛暑日を超える暑さで、建物はどうなるのか…考えよう。答はある。」
【黒田康嗣】三井不動産リアルティ/三井のリハウス
「子供が大きくなっていくと、それに合わせてマンションの部屋も大きくなったり、部屋も増えたりするようになっているといいよな…」
【秋山晶】キユーピー/キユーピーマヨネーズ
「『時間』は食のキーワードになった」「時間栄養学」

<TCC最高新人賞>
【吉岡丈晴】トヨタマーケティングジャパン/オーリス
「常識に尻を向けろ。NOT AUTHORITY, BUT AURIS.」
旭化成ホームズ/2.5世帯住宅
「姉のメリットと妻の気遣い。」

<TCC新人賞>
【永井史子】新世界市場協同組合/生田綿店
「お客さんは神様やって言うけど、うちの常連さんは半分くらい仏様になってもうたなあ」
【戸谷吉希】イシグロ/企業広告
「毎日、命懸けで生きている魚に、遊びで勝てるわけがない。」
【佐藤舞葉】パイロットコーポレーション/フリクション
「ベッドインの時間は、何時になってるんだ…言い間違いは取り消せないけど、書き間違いは取り消せる。」
【正樂地咲】ドナルド・マクドナルド・ハウス/募集告知
「帰る時に、泣かれると辛い。我慢されると、もっと辛い。」
【橋本卓郎】四谷学院/企業広告
「先生はいいよね、ひとつの科目だけできればいいんだから…。」
【川田琢磨】日本オオカミ協会/企業広告
「オオカミを殺した人間は、シカも殺さなければならなくなった。」
【渋谷三紀】味の素/クノールスープDELI
「それでもときめかないときは、こう呼んでみる『奥さん!』」
【中川英明】ワコール/企業広告
「ワコールから、すべての女性の皆様にブラジャーのお知らせです…続いて、すべての男性の皆様に。まったく同じのナレーションで、メンズパンツのお知らせです。」
【外崎郁美】ぐるなび/忘年会キャンペーン
「仕事だけの関係だったら、あんなに仕事していない。」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP