ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Negicco×RAM RIDER×南波志帆の白熱3マン・ライヴをレポート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

3月31日(日)に東京・下北沢SHELTERで開催したタワーレコードのライヴ・イヴェント〈LIVE! TOWER RECORDS three cheers~下北沢SHELTER~〉のレポートをお届けします!

 


RAM RIDER

 

この企画は、タワーのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉に所属するNegiccoの熱いラヴ・コールにより、ジャンルの垣根を越えた3マン・イヴェントとして実現したもの。最初に登場したのは、この日はDJとしての参加となったRAM RIDER。まず初めに、〈いつものエレクトロ〉〈いつもの+皆知ってて楽しめる感じ〉〈Negiccoのアルバムをフル尺で〉という3択から、これから自分が行うDJセットの内容をオーディエンスに選んでもらうという思わぬ(?)展開でスタートします。結果は、〈いつもの+皆知ってて楽しめる感じ〉が支持を集め、自身の人気曲“ユメデアエルヨ”の野宮真貴が参加したヴァージョンや“HELLO”といったナンバーから、TOKYO No.1 SOUL SETとHALCALIの“今夜はブギーバック”、m-flo loves MINMI“Lotta love”、そしてnegicco“圧倒的なスタイル”“Party on the PLANET”やSMAP“SHAKE”まで、オリジナルとは別ミックスを施したりマッシュアップしたトラックでフロアをロック! ミラーボールが回るなか、ときには拳があがるほどの大きな盛り上がりを見せました!

 


南波志帆

 

続いてステージに現れたのは、女性シンガーの南波志帆。1曲目の“それでも言えないYOU&I”から手拍子に包まれ、サビの手を振る振り付けやコール・アンド・レスポンスもバッチリで会場に一体感が生まれます。その後も、キュートなダンスと甘酸っぱい歌詞に歓声が上がった“こどなの階段”、キラキラなポップ感溢れる“ありゃりゃ?”、ライヴ初披露の“バラバラバトル”など、アガるチューンを連発。MCでは、ほかの出演者との〈濃密な〉お付き合いの話で笑いを誘う場面や、いかにゾンビが好きかを熱狂的に語り、曲中のフリでお客さんが倒れたこと喜ぶ一幕も。最後は、オーディエンスに「愛してる!」と嬉しい言葉を投げ掛け、ハッピーな時間を締め括ってくれました。

 


Negicco

 

そして、この日のトリであるNegiccoが登場。イントロとともに客席のネギライトが輝き、そのまま“Party on the PLANET”でライヴがスタート。先月には地元の盛り上げ役として〈にいがた観光特使〉にも選ばれた彼女たちが力いっぱい歌って踊る姿に、客席からの手拍子にも熱が入ります。「こんばんねぎねぎー!」という定番の挨拶やテンション高めのMCを挟みながらお客さんとの掛け合いもバッチリなパフォーマンスが続き、“愛のタワー・オブ・ラヴ”“パーティーについて。”では、かけ声とネギライトの輝きがこの日一番の盛り上がりに。最後の“圧倒的なスタイル”では、「いくよ~」と呼び掛けのもと、恒例のラインダンスも綺麗に決まりました!

イヴェントは、Negiccoがこの日の出演者を呼び込み大団円に。RAM RIDERがカラオケ店のパーティールームで企画を行う(?)ことを宣言したり、南波さんがNegiccoからもらったネギライトをベッドルームに飾るという報告でほっこりしつつ、ラストは一本締めで終了しました!

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈LIVE! TOWER RECORDS three cheers~下北沢SHELTER~〉@ 東京・下北沢SHELTER 2013.3.31 セットリスト
【RAM RIDER】
(DJセット)

【南波志帆】
1. それでも言えないYOU&I
2. 少女、ふたたび
3. こどなの階段
4. ありゃりゃ?
5. バラバラバトル
6. MUSIC

【Negicco】
1. Party on the PLANET
2. あなたとPop With You!
3. My Beautiful Life
4. ニュートリノ・ラヴ
5. 愛のタワー・オブ・ラヴ
6. パーティーについて。
7. 圧倒的なスタイル

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP