ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

想像以上に動くぞ! 『午後の紅茶』ディズニーデザインラベルをパラパラアニメにしてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『午後の紅茶』500mlボトルに描かれたディズニーキャラクターが、実はコマアニメになっていると話題になっています。各ボトルに描かれた3点のイラストには番号がついていて、順番に見ていくとディズニーキャラクターが動き出す、というもの。どんな動きを見せてくれるのか検証するために、パラパラアニメを作ってみることにしました。


『午後の紅茶』のストレートティーにはミッキーマウスが60パターン、ミルクティーにはドナルドダックが18パターン、レモンティーにはくまのプーさんが18パターン描かれています。


ボトルを回転させながら1本につき3パターンの写真を撮影。ミッキーマウスでは20本、ドナルドダックとプーさんでは6本ずつ撮影し、計96枚の写真からパラパラアニメを制作しました。写真同士でボトルの位置がずれたり光の加減が変わらないように、細心の注意を払って撮影しています。

完成した作品がこちら。

『午後の紅茶』にプリントされたディズニーキャラを動かしてみるよ(YouTube)
http://youtu.be/Pq7EoK6g4-4


想像以上の動き! パラパラアニメというより、フィルム撮影したアニメーションを観ているようです。

動画の制作には『Adobe Premiere』を使用。24fpsに設定して写真を取り込み、写真1コマに2フレームを使用して12fps相当のアニメーションにしています。制作を担当したwosa記者によると、アニメーション制作で伝統的な24fpsのフレームレートにこだわったそうですよ。

こうして観ると、ディズニーアニメの滑らかなキャラクターの動きが再現されていて、「キリンさんお見事!」としか言いようがありません。是非動画を観て、キャラクターの動きをじっくりと楽しんでみてください。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP