体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座の街にレモンが降る? 通行人を驚かせているAR装置『シュウェップス サプライズ ビジョン』の仕掛けと舞台裏が動画で公開

銀座の街にレモンが降る? 通行人を驚かせているAR装置『シュウェップス サプライズ ビジョン』の仕掛けと舞台裏が動画で公開

4月19日、銀座のソニービルに200インチの巨大モニターが登場し、通行人を驚かせています。このモニターの名前は『シュウェップス サプライズ ビジョン』。そこでどんなサプライズが体験できるのか、またその舞台裏はどうなっているのかが分かる動画が『YouTube』に公開されています。自分でも体験してみたい人は銀座へ急げ!

シュウェップス サプライズ ビジョン

『シュウェップス サプライズ ビジョン』は、4月8日に発売した『シュウェップス ビターレモン』のキャンペーン『オトナを試す、おいしいサプライズ』を体験できる装置として設置されたもの。文字通り「オトナ」の街・銀座で4月25日までサプライズを体験できます。

ARを使った仕掛け

ビジョンには、そばに設置されたカメラ映像が映し出され、通行人はビジョンの中に自分の姿を確認できます。この映像にサプライズが発生し、通行人は自分に起こったことのようにビックリするという、AR(拡張現実)を使った仕掛けなのです。

レモンが降る

用意されたサプライズは全部で4種類。ひとつは、ビジョンを眺めていると突然、頭上からレモンが降り注ぐというもの。だんだんレモンの数が増えていき、通行人は自分がレモンに埋まっていくような感覚に襲われます。

レモン人間に

もうひとつのサプライズは、自分の体にレモンが合成され、まるでレモンの着ぐるみを着ているように錯覚してしまう、というもの。通行人の顔を認識して、映っている人が次々とレモン人間になっていきます。

銀座がロンドンに

銀座の街並みが突然、『シュウェップス』が生まれたイギリスのロンドンに変わってしまうというサプライズも。交差点を通る人や車などの風景はそのままに、有楽町マリオンがビッグ・ベン、そしてタワーブリッジに早変わりして驚かされます。

レモン人間になってきました

『シュウェップス サプライズ ビジョン』がお披露目された4月19日、ガジェット通信は銀座のソニービルを取材。筆者もレモン人間になってきましたよ!

カメラが下から上にパン 見上げるような映像に

ビジョンに向かって右側にあるのがAR映像を合成するカメラ。街並みがロンドンに変わるサプライズでは、カメラが下から上にパンして見上げるような映像を作り出しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。