ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島県福山市で今月20日から開催される、「死刑囚の絵画」の決定的な展覧会

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は坂井直樹さんのブログ『坂井直樹のデザインの深読み』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/319845をごらんください。

広島県福山市で今月20日から開催される、「死刑囚の絵画」の決定的な展覧会

いまそこにいる死刑囚たちの、ぎりぎりの表現を集め展示する美術企画なのに、スポンサーも得られなければ報道もほとんどされないという。都築響一さんのブログ「ロードサイダーズ・ウィークリー」では、その中から今回70点近い作品を掲載。

そのうち僕の好みで選んだ9作品。林眞須美氏はかなりアートセンスがあるし、若林一行氏はカーデザイナーだったのではないかというくらいにパースが正確だ。

今月20日から6月までの2ヶ月間、広島県福山市の鞆の津ミュージアムで、『極限芸術 ― 死刑囚の表現 ―』と題された展覧会が開催される。鞆の津ミュージアムは、アウトサイダー・アートを専門に扱う新しいミュージアム。


林 眞須美「ピカソ」


林 眞須美「国家と殺人」

都築響一さんの文章。去年いちばんこころに残った展覧会は、広島市の郊外の小さなカフェ&劇場『アビエルト』で見た『死刑囚の絵展』だった。 小さな町の、小さな会場の、小さな舞台に仕切り板を立てて展示されていた40点ほどの作品は、いずれもいま死刑囚となって処刑の時を待っていたり、最近死刑を執行された受刑者たちによる絵画だった。


金川 一 「イタリア人女性画」


若林 一行「合縁奇縁」


松田 康敏「タイムスリップ あの時代へ」


小林 竜司「変わらぬ風景 リメーク版」


高橋 和利「もやし」


高尾 康司「無題」


松田 康敏「萬年カレンダー」

作品自体はそれほど大きくないのだが、そこに込められている感情の重さ・・・あるいは死刑という究極の刑罰を受けているのに、まるで切迫感が漂っていない感情の軽さをも含めて、圧倒的な迫力で僕をその場に釘付けにした。 死刑囚、ということですぐに思いつく宗教的なモチーフもある。でも、そういうのはむしろ少数派で、裸の女やスーパーカーを描いたものもあれば、怒りや怨みに満ちた画面もあり、緊張にあふれた抽象画もある。

極限芸術 ― 死刑囚の表現 ―
4月20日[土] ~ 6月23日[日]
鞆の津ミュージアム
広島県福山市鞆町鞆271-1
TEL:084-970-5380
http://abtm.jp/

執筆: この記事は坂井直樹さんのブログ『坂井直樹のデザインの深読み』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年04月11日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP