ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“お湯”が出る冷蔵庫があった GEがアメリカで販売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

冷蔵庫は昔から食品を冷たい状態で保存するためだけでしたが、時代と共に新しい機能が追加されてきました。アイスクリームなどを保存できる冷凍庫が付いたり、凍結ギリギリの温度で冷やすパーシャル機能、製氷機能、冷水器などです。試作品でインターネット冷蔵庫とか出てきましたが多くは冷やすことに関する機能の追加でした。

その進化とは全く異なる冷蔵庫がGEブランドで販売されていました。

温水が出る冷蔵庫

『GE Café™ Series French Door』というラインナップでは、冷蔵庫のドアの部分に水が出そうなトレーが付いています。上部には液晶画面とボタンがあります。液晶画面に温度をセットすると”ぬるま湯”から”熱湯”まで出すことができます。

お湯は冷蔵庫内のフィルターで浄化されるので美味しいお湯を飲むことができます。水も常に冷蔵庫の中で保管されているので新鮮です。これが冷蔵庫の組み込まれた理由だと考えます。

 

デザインは奇抜な感じではなく、直球勝負というイメージで高級感があります。

 

お茶は種類ごとに抽出する温度が違うため、電子レンジやコンロでお湯の温度管理をするのは困難でした。しかしこの冷蔵庫なら簡単に温度を設定できます。 お茶やコーヒー以外にもベビーフードなどの人肌の温度のお湯を作りだすことができます。

ハイテクなイメージの操作画面です。きめ細かな温度調整が可能です。

 

次は何が冷蔵庫に合体するだろうか

冷蔵庫の機能追加の中で異質な給湯機能が今回追加されましたが、今後は冷蔵庫には冷たくする機能以外が追加されていきそうです。少々妄想が入りますが

・冷凍食品を解凍するための電子レンジやオーブンの機能

でも追加されれば一人暮らしや単身赴任の人に嬉しい冷蔵庫になると思います。ただ、この冷蔵庫は大きすぎます。

 

GE French-Door Refrigerators | GE Appliances
http://www.geappliances.com/appliances/refrigerators/french-door-refrigerator.htm [リンク]

 

写真はプレスリリース及びwww.geappliances.comから

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP