ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Camera Wi-Fi版を米国で4月下旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung米国法人は4月4日、Android搭載コンパクトデジカメ「Galaxy Camera」のWi-Fi版を米国で発売すると発表しました。今回発売が発表されたのは、HSPA/LTEのモバイルデータ通信に対応しない「EK-GC110」で、販売価格は$449.99(約47,000円)、発馬日は明らかにされていませんが、4月下旬よりSamsungの公式オンラインストア、およびSamsung製品の取扱店にて発売されるとのことです。Galaxy Cameraは、1,630万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー、焦点距離 23mm~480mm F値F2.8~5.9のズームレンズ、ポップアップ式のフラッシュ、4.8インチ1280×720ピクセルのタッチパネルなどを搭載したデジタルカメラ。搭載OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Google Playにも対応します。搭載OSを含めてスペックは他のモデルと同じようです。Source : Samsung USA



(juggly.cn)記事関連リンク
Optimus 4X HD欧州版とGalaxy Tab 7.0 PlusにAndroid 4.1.2(Jelly Bean)へのアップデートの提供が開始
LINE、NAVER Nドライブの一部ユーザーのデータが消失した可能性があると発表
docomo dtab 01プレゼント企画を実施します(4月7日午後9時前後エントリー受付開始予定)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP