ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロンドン警視庁、逮捕が見込めない案件の被害者に花束を贈る……「それよりも犯人逮捕を」の声も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

花束をもらったにも関わらず、複雑な心境を隠せない人々がいる。受取人は家宅侵入や路上強盗の被害者たち。差出人は慰める友人でも償おうとする犯人でもない。英国のロンドン警視庁である。犯人逮捕の見込めない家宅侵入や路上強盗の被害者に対し、花束を贈っているというのだ。英『テレグラフ』電子版が伝えている。

ロンドン北部のバーネット・ロンドン特別区。家宅侵入事件の検挙率が非常に低いことで知られており、昨年(2012年)はたったの12.8パーセントに留まった。昨年11月以来、ロンドン警視庁は事件の解決が見込めない被害者300名に花束を贈っている。「精神的ショックを和らげる」と評価する声の一方、「花束よりも犯人を捕まえて欲しい」という批判的な意見も。

自宅でノートパソコンやカメラなどが盗まれていたサラ・ミラーさん(55歳)。警察側は事件現場で指紋採取を行った直後、ミラーさんに対して「残念ですが、証拠が不十分なので…」というメッセージカードを残していた。その翌日、花束(25ポンド=約3,500円相当)と花屋で使える引換券(5ポンド分)と地元警察からのメッセージカードが届けられたとのこと。ミラーさんは「花束でうまく丸めこもうとしているのでは…」と疑念を拭えていない。

警察から被害者に贈られた花束だが、そのまま花屋に寄付されるケースも相次いでいるらしい。ちなみに警察当局のスポークスマンは「(花束を贈るという)シンプルな意思表示で被害者との対話が進み、安心な暮らしを再びという思いを込めている」と声明を出している。

画像: 今回のニュースを伝える英『テレグラフ』電子版のキャプチャー
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/crime/9962899/Burgled-maam-Have-some-flowers-courtesy-of-the-police.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP