ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Futuremark、3Dベンチマークソフト「3DMark」のAndroid版をGoogle Playストアでリリース(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Futuremarkが予定通り本日4月2日に「3DMark」のAndroid版「3DMark Android Edition」をリリースしました。アプリはGoogle Playストアで無料配布されており、Android 3.1以上を搭載した端末で利用できますが、1GB以上のRAM、OpenGL ES 2.0互換のGPU、300MBの空きストレージ(アプリ容量は追加ファイル含めて約283MB)が必要とのハードウェア要件が設定されています。3DMarkはx86ベースのWindows、Windows RT、Android、iOSに対応した3Dグラフィックス性能のベンチマークアプリで、端末の性能を測定することのほか、Android端末、x86ベースのWindows端末、Windows RTタブレット、iOS端末とスコアを比較することもできます。Windows RT版とiOS版は今後リリースされる予定です。「3DMark」(Google Playストア)Nexus 10Nexus 7Xperia Tablet Z SO-03ESource : Fururemark



(juggly.cn)記事関連リンク
デンソー、スマートフォンから鍵や小物を探せる「キーファインダー」を4月22日に発売、Androidにも対応予定
ジャパンディスプレイが5.2インチフルHDのスマートフォン向け有機ELディスプレイを開発
HTC、台湾で「Desire Q」を発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP