ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画出演者がワンタップで解る Kindle Fireの新機能 アメリカで公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

映画を見ていて、この人は誰だろう? と思っても今までは一緒に見ている人と相談するくらいしか方法がありませんでした。「分からなければ”ググれば”」といわれても無理です。アメリカでの発表ですが、『Amazon』が映画データベース最大の『IMDb』(The Internet Movie Database ザ・インターネット・ムービー・データベース)のデータを使った新サービスを始めました。

映画をタップするだけで映画出演者がわかる

『X-Ray for Movies & TV』というサービス名です。『Kindle Fire』で再生中の対応動画を再生中に画面をタップするだけで、出演し
ているキャストの名前などのデータが表示されます。 さらにタップすると詳細情報を見ることが可能です。
非常にシンプルな機能ですが、今まで苦労していた映画やドラマのキャストを簡単に検索できるだけでもうれしい機能だと感じます。

操作は上記説明の通りシンプルです。 気になったシーンがあれば画面をタップするだけです。メニューなどが常に画面に出ているわけではないので邪魔ではありません。

 

新たなスターが生まれるかも?

現在は映画やドラマのスターは監督やプロデューサーが選びだしていたました。『X-Ray for Movies & TV』ではチョイ役で気になった人も調べることができるので、視聴者が良いと思った人がスターになる道が開かれるかもしれません。

検索した俳優の出演映画一覧なども見ることができるので、いろいろな映画を知る楽しみも増えます。

執筆時は日本でのリリースについては触れられていません。X-Rayとはレントゲンという意味で、映画の内部を見通すという意味が込められていそうです。

対応機種は
・Amazon Kidle Fireファミリー
・任天堂 WiiU
です。

X-Ray for Movies & TV by IMDb
http://www.imdb.com/x-ray/

写真はwww.imdb.comからです。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP