ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 8.0、台湾では4月中旬より発売、価格は12,500台湾ドル(約39,000円)~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日台湾でSamsung主催のイベントが開催され、台湾向けGalaxy Note 8.0が発表されたそうです。Galaxy Note 8.0は、Sペンに対応した新型Galaxy Noteタブレット。8インチWXGA解像度の液晶ディスプレイ、1.6GHz駆動のクアッドコアExynos 4412プロセッサ、Android 4.1.2(Jelly Bean)などを搭載します。台湾で販売されるGalaxy Note 8.0はWi-Fi版のGT-N5110とWi-Fi+3G版のGT-N5100の2種類。価格は、Wi-Fi版が12,500台湾ドル(約39,000円)、Wi-Fi+3G版が15,900台湾ドル(約5万円)。まずは4月中旬にWi-Fi版が発売され、4月末よりWi-Fi+3G版の販売が開始される予定。5月31日までにSamsungのオンラインショップで購入した方にはオリジナルフリップケースがプレゼントされるそうです。カラバリはホワイトの1色の模様です。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4がブラジルで販売開始、1日あたりのアクティベーション数が150万を突破
Xperia端末向け高速化アプリ「Boost My Xperia」が公開、ICS/Jelly Beanで利用可能
ジャストシステム、「ATOK for Android」の980円セールを開始、3月31日まで

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP