ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenModの開発者 Steve Kondik氏がSamsungを退社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けカスタムROMの中では最も利用者の多い「CyanogenMod」の生みの親として知られるSteve Kondik氏が自身のGogole+ページでSamsungを退社したことを明らかにしました。Kondik氏は2011年8月頃にSamsung米国法人のモバイル部門にソフトウェアエンジニアとして入社しましたが、それから2年足らずで退社したことになります。同氏は退社の理由は明らかにしておらず、今後については、”何か”新しいことを始めるよ”とコメントの中で述べていました。CyanogenModの今後については特に何も言ってないので、従来通り、仕事とは別のこととして提供されていくと思います。同氏はGoogle+への投稿の中でSamsungの新フラッグシップ「Galaxy S 4」に関する同氏の評価も述べています。投稿では外装やスペック、機能、サービスに関する同氏の感想が記されているのですが、その中では、GPSについては、従来モデルよりも測位性能が良くなっているそうです。どの状況でもすぐにロックされるようになったと述べていました。Source : Google+(Steve Kondik)



(juggly.cn)記事関連リンク
上海問屋、クルマのエアコン吹き出し口に装着できる汎用スマートフォンホルダーを発売
NTTドコモ、操作アシスタントアプリ「タップでコンシェル」をGoogle Playストアで公開
Android版「Snapseed」がv1.5にアップデート、レトロラックスフィルタとフレーム機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP