体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

市の広報誌に地元市民病院の内覧会なるイベントを開催すると書かれていました。病院といえば軍事産業の次にハイテク度が高いといわれている産業なので、興味をそそられ参加してきました。ただ、開業前の病院を見学するだけのイベントだからのんびりと写真でも撮りながら、暇そうなスタッフと話でもして時間でもつぶそうか? というノリでした。

下手な遊園地より混雑していた

まず、駐車場に入るまでに渋滞していました。何かの間違えか、誰かタレントでも来ているのかという勢いの渋滞です。何とか館内に入っても、タレントなどはいるわけもなく行列ができています。

セキュリティーと人の流れを整理するために、エレベーターのみの移動だったが、想定外の人数だったのか途中で階段室を開放するほどの混雑度。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

見学者は地元の医療を真剣に考えている人が多い

私が予想していた見学者の層は、ハイテク好き、ガジェット好き、ギークやオタクの類を想定していました。しかし、期待は裏切られ、地元のことを純粋に気にしている人が多く、高齢者が多かったです。

また、雑談の内容から察すると、自分または身内が病院を利用している人が多くを占めていました。真剣に新しい病院がどのようになるのか? という重たい雑談が聞こえてきました。

さらに、医者の名札が掛けられているプレートの周りには多くの人が集まって、必死でメモを取っている光景もありました。

昔より自然に優しくなっている病院

冷たくて痛そうで怖いという病院のイメージを払拭する考えは昔から多かったですが、やりすぎな感じもありました。今回見学した病院は自然な感じがしました。フォトレビュー的に紹介していきます。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

待合室などのあるフロアは解放感があるが、昔のような大げさな吹き抜けではない。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

豊川市初の自動受付機で混雑解決! これは特に今では珍しくないので今回のレビューは右側の赤色のコンセント。これは“非常用電源コンセント”です。病院の中で最も強力にバックアップされているコンセントで命にかかわる装置が接続されます。入院する病室にも赤色のコンセントがありますが、決してゲーム機やシェーバーなど手持ちのガジェットをつないではいけないのです。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

部屋の番号はプレートではなくドアに大きく書かれています。目が悪くても見ることが容易です。 室内はベージュで落ち着いていますが、病院らしさは残っています。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

ヤマハの自動演奏ピアノ。BGMは録音された音源より生楽器が落ち着きます。

病院の内覧会はテーマパーク状態?! 最新医療施設を見学 豊川市民病院

昇降リフト付きのベッド、乗り降り安さと診察の容易さが両立。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。