体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新アニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』制作発表 今度はキャラソンが続々登場予定!

集合

3月23日、東京ビッグサイトにてテレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』制作発表&トークショーが行われた。この発表はイベント『プリティーリズム ドリーム☆フェスティバル』内で行われ、『ドリーム☆フェスティバル』全体では入場券1000円ながらも約6000人の来場者が訪れるという大盛況のイベントとなった。制作発表には新シリーズの主役3人の声優である、綾瀬なる役の加藤英美里さん、涼音いと役の小松未可子さん、福原あん役の芹沢優さんと、シリーズを通して作品の監督を務めている菱田正和さんが登壇し、新シリーズへの意気込みなどを語った。

新シリーズはライブに注目! キャラソンも多数登場予定

キービジュアル音楽を聴くとその色が見える、空想力豊かな中学二年生、「彩瀬なる」。
何でもデコるのが得意な「なる」は「ディアクラウン」のようなショップのオーナーになることが夢だった。
ある日、新しくオープンするショップで店長としてプリズムダンスのできる女子中学生を募集しているのを知り、早速応募。
たくさんの応募者の中から見事選ばれ、最終面接のプリズムダンスに臨む。
プリズムダンスを踊り始めた「なる」の前に突如、見たことも無いライブ空間が広がり、謎の少女「りんね」が現れる。
「見える?虹の音楽……」
音を感じる少女たちが、プリズムショーに新たな風を巻き起こす!

シリーズ3作目となる今回は音楽やライブに力を入れるという『プリティーリズム・レインボーライブ』。前作までとは世界観が一新され、プリズムショーを行うこと以外の共通点はあまりないようだ。今回の制作発表では、新シリーズのキャストからそれぞれが演じるキャラクターの紹介などが行われた。

加藤英美里

加藤「綾瀬なるちゃんはラブリー系女子ということで、天真爛漫で表情がくるくる変わる女の子です。デコレーションすることが大好きで、色々なものにデコったりすのが得意です。たまにおっちょこっちょいなところがあって、そこもかわいいキャラです」

小松未可子

小松「涼野いとちゃんは、大変クールで一見怖そうに見える女の子ですが、胸にすごくアツいものを秘めたクール&ホットな女の子です。ギターやキーボードが引ける女の子で、みんなとどうやって仲良くなっていくのか楽しみです」

芹沢優

芹沢「福原あんちゃんは、ポップ系の元気で明るい女の子で、みんなのリーダー的存在です。プリズムショーとスイーツが大好きで、大好きなことに対する熱い思いや一生懸命頑張る気持ちが強い女の子です」

菱田監督は「プリティーリズムとは?」という問いに対し「プリティーリズムは、謎のスポーツ競技プリズムショーを通じて乙女たちが笑いあり、涙ありで友達とともに困難を乗り越えながら成長していく青春ストーリーです。プリズムショーについて、ゲームを作っている人たちに聞いたんですけど、よくわからないと言われました。とにかく、変なジャンプとフィギュアスケートとおしゃれを混ぜたスポーツです」というように、まだまだ謎の多い作品だということが明らかになった。とはいえ、女の子たちが自分の技術を磨くため努力をしたり、時に傷つけあいながらも友情を深め合ったり、ファッションや歌に興味を持つような女の子らしい面をみせたりといった点で小学校高学年女子たちには大人気な作品なのだ。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会