ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安室奈美恵、ドラマ「空飛ぶ広報室」主題歌に新曲“Contrail”提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

安室奈美恵が、4月14日にTBS〈日曜劇場〉枠でスタートするドラマ「空飛ぶ広報室」の主題歌を担当することが決定した。

「空飛ぶ広報室」は、「図書館戦争」シリーズや「フリーター、家を買う」「県庁おもてなし課」といったヒット作を生み出してきた作家・有川浩のベストセラー小説を映像化したもの。テレビ局勤務の美人ディレクターと航空自衛隊の元戦闘機パイロットという2人を軸に、航空自衛隊の〈チーム広報室〉の面々が衝突や感化を繰り返すなかで自分たちの姿勢を見直し、仕事のプロや人間として成長する姿を描く群像劇。主人公の稲葉リカ役には、TBSの連続ドラマ初主演となる新垣結衣がキャスティングされており、ほかにも綾野剛や水野美紀、要潤、生瀬勝久、柴田恭兵といった豪華俳優陣が顔を揃えている。

同番組に安室は書き下ろしの新曲“Contrail”を提供。“Baby Don’t Cry”“Break it”など、彼女の楽曲を多く手掛けてきたNao’ymtが作詞と作曲を担当している。タイトルには〈飛行機雲〉という意味があり、飛行機の効果音も使用されるなど、ドラマの企画/内容をイメージした明るく前向きなミディアム・ナンバーに仕上がっているという。安室はこの新曲について、「すごく前向きな世界観の楽曲に仕上がったと思います」とコメント。なお、“Contrail”の発売は現時点では未定なので、気になる人はドラマのオンエアでチェックしよう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP