ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢や目標を叶える“言葉の力”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 “言霊”という言葉があるように、日本では古くから言葉には願いを現実にする力があると考えられてきました。「そんな非科学的なものは信じられない」という人も、自分の考えていたことや、何の気なしに口に出した言葉が思わぬ形で実現してしまったという経験を一度くらいは持っているのではないでしょうか。
 『あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる』(櫻庭雅文/著、徳間書店/刊)は、言葉が持つ現実への影響力、つまり“言霊”の正体を解説し、私たちでもできる使い方を教えてくれます。一部の特殊能力を持つ人しか使えないイメージのある“言霊”ですが、ある条件を満たせばだれにでも使えるもののようです。
 今回は本書の中から“言霊”の力で言ったことを現実にする方法を一部紹介します。

■「したい」「なりたい」ではなく「した」「なった」
 現実に大きな影響を与えることができる“言霊”ですが、前述の通り効果的に使うためには条件があります。
 その条件は2つ。
・最終的な目標が、自分だけのエゴを満たすことではなく、他の人や世の中のためになったりすることでなければならない。
・他の人のためになることでも、自分を犠牲にするような考え方では思いは実現しない。自分も一緒に幸せになるようなものでなければならない
というものです。
 これを踏まえると、「したい」「なりたい」といった自分のエゴによる願望や執着を言葉にしても、“言霊”として力を持つことはありません。
 口に出すなら「〜した」「〜になった」「〜をする」というような、事実を語るような表現にしましょう。

■ハートのチャクラに意識を置く
 言葉を発する時に体のどこに意識を置くか、ということを普段から意識している人はほとんどいないでしょう。普通に会話をするだけならそれで問題はありませんが、言葉に力を持たせたいならば、“ハートのチャクラ”に意識を置いて言葉を発する必要があります。
 「チャクラ」とはサンスクリット語で「車輪」を意味し、脊椎に沿ってエネルギーの渦が車輪のように並んでいるとされています。
 その中で「ハートのチャクラ」は、両乳首の真ん中の奥に位置にあり、ここを意識して発声することで、言葉に力を持たせることができるといいます。

■「っ」で終わる言葉は使わない
 「カッパ」「タッチ」などの「っ」を「促音」と言いますが、この促音を使わないことも、言葉を現実化するポイントです。
 言葉とはつまるところ「波動」です。つまり、“言霊”とは、言ったことを現実化させる“波動”を持った言葉であり、「促音」はその波動を断ち切ってしまうのです。
 「促音」は「くたばれっ」「早くしろっ」といった、命令口調の言葉に多くあります。
 こういった言葉を使っていると、いつまでも自分の思いが現実に向かっていかないことになりかねません。

 多くの人の“言霊”への認識は「信じているわけではないけども、100%ウソだとも言い切れない」といったところでしょうか。
 本書には、そんな“言霊”が、一般的に考えられている程非科学的なものではないことや、“言霊”の歴史、使い方にいたるまで細かく語られており、一読すると今まで気づかなかった思わぬ発見があるはずです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
この言葉が出ると注意 仕事の進捗が遅れる“NGワード”
口ゲンカで負けないための7つの方法
合コンで嫌われる“名言”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP