ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性のファッションからピッタリのお返しを選んでくれる「ホワイトデーコンシェルジュ」を体験してきた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


もうすぐホワイトデーである。しかしながら一体どんなお返しを女性にしていいのか全くわからない男性は私を含めて多いのではないだろうか。

現在東急ハンズ新宿店で、ホワイトデーの贈り物に悩む男性にアドバイスをくれる『ホワイトデーコンシェルジュ』なるサービスが実施中とのことで取材に行ってきた。

これは出版社・宝島社が提案する書店内書店「宝島社書店」と東急ハンズのコラボ企画。

さっそくお店に入り、ホワイトデーコンシェルジュの方に相談をする。まずは「お返しをする女性の年代」、そして「普段どんなファッションをしているか?」などを伝える。その上で「このようなものはどうでしょうか?」とプレゼントをお奨めのホワイトデープレゼントを進めてくれるのだ。なるほど、これならお相手の女性の好みにピッタリあうプレゼントを選ぶことが出来る。

宝島社のマーケティング本部部長の桜田さんによれば
「東急ハンズの催事売り場で「宝島社書店」をオープンすることで、普段は書店に足を運ぶ習慣がない方々にも出版物の魅力に触れてもらいたい」

「書店の活性化の為、2010年にスタートした「宝島社書店」は、これまでに全国4700店舗以上の書店で実施してきましたが、出版流通以外で「宝島社書店」をオープンするのは今回が初めて」とのこと。


また、売り場にはスッキリとしたミントとライムのカクテル「モヒート」の香りが漂っているのだが、これも宝島社によるアイデアで、

「ファッションアイテムは特に商品と出会って「可愛い、これ欲しい!」と思うことが多いので、音楽や香りといった五感に訴える販売促進を企画したい。これまで女性をターゲットに「マンダリンオレンジ」の香りを活用していたが、今回初めて男性をターゲットに「モヒート」の香りを活用している」ということだ。


売り場に並べられた多くのアイテムの中からホワイトデーのお返しをする女性のファッションを選ぶ。


店内はかわいらしい小物入れや、カバン、調理器具、プラチナ美顔ローラーなど色々なアイテムが。

最後に美人コンシェルジュの水谷さんのコメントを紹介しよう。

・平日は仕事帰りの20、30代の方が多いが、週末は40代以上、60代の方もいらっしゃいました。

・これまでホワイトデーの贈り物というとキャンディやクッキーが主流だったが、今はギフト向けの商品が多すぎて「何を贈れば良いか分からない」という人が多い。そんな男性向けに、プレゼントの提案をするのがホワイトデーコンシェルジュです。

・同僚の女性などに高価な物を贈ると、困られてしまうことがあるので、1,000から1,500円くらいのものが一番手頃。女性ならバッグやポーチはいくつあっても嬉しいので、宝島社のブランドムックはオススメです。


たしかに店内を見回してもそれほど高価な商品もなく手頃な価格のものが多かった。さっそく私も水谷さんに頼んで、ホワイトデーのお返しを選んでもらった。選んでもらったのは使いやすそうなカバンである。

レジでお願いすればラッピングもしてくれるので、これで今年のホワイトデー対策のバッチリである。みんなも是非美人コンシェルジュのお姉さんに女性の欲しがるアイテムを選んでもらおう。

期間は2013年2月15日(金)~3月14日(木)まで。
場所は東急ハンズ新宿店
9日(土)10日(日)13:00~16:00
※コンシェルジュ不在の平日の場合は診断パネルのみになります。

宝島チャンネル
http://tkj.jp/

※この記事は、ゴールドラッシュの「横山緑」が執筆しました。[リンク]

横山緑の記事一覧をみる ▶

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP