ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー・デップ、最新作も安定の白塗り! “パイレーツ3部作”黄金コンビによる新作『ローン・レンジャー』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


製作ジェリー・ブラッカイマー、監督ゴア・ヴァービンスキーという黄金の『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作コンビが、再びジョニー・デップとタッグを組んだ超大作『ローン・レンジャー』の日本公開が8月2日(金)に決定。ジョニー・デップが再び“白塗り”となった姿が解禁となりました。

『ローン・レンジャー』は、正義に燃えるヒーロー、ローン・レンジャー(アーミー・ハマー)と、復讐に燃える戦士、トント(ジョニー・デップ)という何もかも正反対な2人が聖なる力に導かれ、ハリウッド史上最も不釣り合いな“ヒーロー・デュオ”として巨悪に立ち向かう物語。

ジョニー・デップは、またも白塗りで腰まである長い髪、頭の上にはカラスを乗せた強烈なビジュアルで、スピリチュアルな力を持つミステリアスな戦士トントを演じています。

トントが死の淵から甦らせた正義のヒーロー、ローン・レンジャー役に、『ソーシャル・ネットワーク』『J・エドガー』など大作出演が相次ぐハリウッド期待のホープ、アーミー・ハマー。また、義足に銃を仕込んだ勝気な女性レッド役を、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のヘレナ・ボナム=カーターが演じることも話題となっています。

世界を救うのは、正義か? 復讐か? 空前のアクション・アドベンチャー超大作『ローン・レンジャー』は、8月2日全国公開です。

『ローン・レンジャー』ストーリー

少年時代の忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、聖なる力によって瀕死の男ジョンを甦らせる。ジョンは法に基づく正義の執行を求め、復讐のために手段を選ばないトントと対立。だが、愛する者を奪われた時、彼は不思議な力を持つ白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として、トントと共に巨悪に立ち向かう。最後に世界を救うのは正義か?復讐か?

(C)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP