体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

議論弱者の定義

議論弱者の定義

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

議論弱者の定義

議論に強い人間と弱い人間の決定的な違いというのは、後者は主張の根拠や正当性を、もっぱら自分の感情に求める点。たとえばこれなんかいい例。

誹謗中傷は、相手への敬意を持たず、極端な上から目線、あるいは被害者意識に基づき、罵声を浴びせることです。それは批判ですらありません。

「ネットに蔓延る罵倒者たちよ、あなたたちを「武装解除」したい」 2013年02月23日 『ihayato.書店』
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/20769

判断材料がすべて主観的なもので占められている。敬意の有無をはじめこれらは、受け取り方によってどうとでもとれることだ。なので「気に入らない」という言葉に集約できてしまう。つまり感情にもとづいた言動ということになる。

   *   *   *

ここで大事なのは個々の発言がどうだということではなく、それらの因果関係をさかのぼった根拠の部分によって、感情か否かが決定されるということ。

馬鹿だ、アホだという発言が飛び交っていても、なぜ相手を馬鹿だと判断したのか?という根拠の部分にそれなりの論理性や客観性があれば、それは感情的な発言ではない(俺がそう考えているだけだけどね)。

おなじ「こいつは馬鹿だ」という発言でも、「常識的に考えられないようなミスをしたから」というのと、「なんか癇にさわるから」というのでは違う。前者は評価であり、後者は単なる感情的発言に過ぎない。

   *   *   *

もちろんどの程度の「非常識なミス」をしたら「馬鹿」と呼ぶかは、人それぞれだろう。だから客観的な評価ではない。でもそれはあまり重要な問題ではないのだ。

たとえば「彼は身長180センチだから背が高い」といった場合、180センチを背が高いと呼ぶかどうかはしょせんは主観だ。だからたいして意味がない。重要なのは180センチという事実の方。

だから議論い強い人間というのは、もっぱら180センチという部分について問題にする。それを背が高いと呼ぶか否かは、結局論者の主観なのだから、水掛け論になってしまうので、あまり争点にしない。

   *   *   *

ところが議論に弱い人間というのは、むしろ「背が高い」という部分を集中的に話題にしようとする。主観の部分だから話題にしようとすればいくらでもできる。延々と水掛け論を続けることができる。

ある意味、議論の題材としてはそういう主観部分の方が、やりやすいわけだ。自分が楽な道を選んでいるということに気づかない。そして「こんなに勝ってるのに、なんで褒めてくれないのー、みんな褒めてー」という。誰でも勝てるような状況で勝っても高い評価は得られない。

強者というのはむしろ主張しにくい部分をあえて主張しようとする傾向があるように思う。一見非常識に見える主張をあえてする。それがどうも弱者からは奇異に見えるらしい。なんでそんな不利な戦いをするのか?と。わざわざ第二次世界大戦のゲームでドイツ側を選択するようなものだ。

それが弱者と強者の違いのように思う。強者はアメリカ側を選べば勝つのは当たり前で、そんなことで勝っても自分がゲームをする意味がないと考えている。不利なドイツ側で勝ってこそ、勝利を実感できる。勝てば完璧だし、勝てないまでも予想以上に善戦すれば、人々はそれを評価する。

一方弱者もドイツ側を選ぶことがあるけれど、それは単になにも考えていないことが多い。そして当然の結果として負ける。

   *   *   *

弱者は「納得できません」とよく言う。一見論理的な主張のようだが、実はこれも感情なのだ。「納得いかない」というのは感情の結果であり、何ら論理性がない。

たとえば数学の証明で、式の変形ミスを指摘して、「この部分が納得いかない」というなら、それは論理的主張だ。あるいはこの式からこの式への変換手順の説明が不十分だから、もっと細かなステップに分解して説明してくれ、というのも、それなりに論理的な主張だと思う。

しかし弱者のいう「納得できない」は、そういうのとは違うんだよね。「結論が納得できない」という。どんなに直感に反する結果になろうと、それを導いた段取り(証明方法)に矛盾や考え落としがなければ、それは正しいと考えるのが論理的思考。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。