ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォンの気圧センサーで天候変化を予測、カナダのソフトウェア企業が世界的なセンサーネットワークの構築を進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダのソフトウェア企業 Cumulonimbusがスマートフォンに搭載されている気圧センサーを使って世界的な気圧センサーネットワークを構築するプロジェクト「PressureNET」を進めています気圧計は読取った大気圧の数値から高度を算出したり、大気圧の変化から天候の変化を予測することに活用されています。例えば、ある地点で気圧が急激に下がると低気圧が近づいている・・・天気が崩れるかも、といった予測が可能になります。「PressureNet」は世界中のスマートフォンから現地の気圧データを収集してリアルタイムな統計情報として公開、天候の予測に役立ててもらおう試みです。同社は大学や研究機関と協力したり、現地の気象台にセンサーネットワークから得られたデータを提供することで、その生のデータを基にリアルタイムな天候予測が提供できるかもしれないとしています。「PressureNET」のAndroidアプリがGoogle Playストアで公開されており、ユーザはGoogleマップ上にマーカー表示された場所について、時系列でグラフ化された気圧データを閲覧することができます。同社はまた、 http://pressurenet.cumulonimbus.caでもそのデータを公開しています。気圧センサーが搭載されているスマートフォンはGalaxy Nexus、Nexus 4、Nexus 10、Galaxy S III、Galaxy Note/Note II、XOOMの7機種。アプリはAndroid 3.0以上を搭載したスマートフォン・タブレットで利用できるので、気圧センサーを搭載してない機種でも利用できます。「PressureNET」(Google Playストア)Source : Cumulonimbus



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「ソフトバンクWi-Fiスポット」を新たに設置した大学、観光スポット、スタジアム・イベントホールを発表
Sony Mobile未発表の「Xperia SP」、4.6インチHDディスプレイ、800万画素Exmor RSカメラ、色を変更可能な透過型バーを搭載?
Motorola、製スマートフォン購入者に$50のGoogle Playギフトカードをプレゼントするキャンペーンを米国で実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP