体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニコニコ動画』で仏教を説く人/蝉丸Pさん(前編)

蝉丸Pさん

『ニコニコ動画』の“リア住”こと蝉丸P師は、『【仏具で】てってってー【演奏してみた】』や『ニコニコ仏教講座シリーズ』などで、今ネット上で最も注目を集めるお坊さん。今回は『虚空山 彼岸寺』の連載インタビュー『坊主めくり 現代名僧図鑑』より、蝉丸P師のお坊さんとしての素顔に迫るインタビュー記事を寄稿いただきました。

ある日とつぜん出家を志して

出家を思い立ったのは、高校1年生の終わりです。実家が自営業だったので、子供の頃から両親に「何をやってもかまわないけど何で飯を食っていくのかはよく考えろ」と言われていて。何か自分の売りになるものをと考えたときに、まずは落語家という選択肢が出てきたんですね。中学3年生のときに落語の劇の脚本を書いたりして面白いなぁと思いましたし、着物を着る職業はかっこいいなとも思って(笑)。

一度、噺家(はなしか)の方に話を聞きに行ったら「大変だけど、覚悟はできてる?」と言われてどうしようかなぁと悩んだんですね。落語家の世界は、宴席に連れまわされることもあるでしょうけど、自分は肉も魚も苦手で酒も飲めないんです。坊さんなら着物も着れますし、肉、魚、酒がダメでも異端視されないどころかあわよくばほめられる(笑)。また、思春期特有の生死や世の不条理への疑問も最初のきっかけでした。

父方も母方も、何代かに一度はお坊さんが出る家系らしく、両親は「そろそろ来るかと思ったらお前か」という受け止め方で、特に反対はされませんでした。とりあえずは相談してみようと、地元でお世話になっている住職さんに会いに行ったら「よし、わかった!」とトントン拍子に話を進めてくれまして(笑)。あれよあれよという間に、高校2年から高野山高校に編入したんです。

高校時代は、山内の師匠になっていただいた寺に住み込んで学校に通いました。毎朝、お客さんの布団を上げて朝食の給仕をして、お見送りをしてから登校して、帰ったらまた次のお客さんの風呂や食事の準備をして、翌朝の勤行のしたくを整えてから眠る……というような生活で、その合間に読経の練習をしたりね。こんな生活が待っていると事前に知っていたら、もうちょっと考えたかもしれませんね(笑)。

修行を通じて得られたこと

高校、大学と高野山で学びながら100日間の加行を受けました。修行では、とにかく拝む方法・作法を一通り覚えるんですね。密教の行は、一種の圧縮技術で、言うなれば”.zip”みたいなものなんですよ。手の動き、真言のひとつひとつに概念が圧縮されているんです。本当に行をやるというのは、膨大な概念を手のサインひとつに集めて、連携させていくことで目の前にイメージを作っていくもので。ものすごい圧縮技術の型と瞑想・供養の手順を覚えるのが密教の修行です。

自分は第二次ベビーブーマー世代なので、修行道場の同期生も多かったんです。約50人の人間を、3〜4人の監督下で動かすわけですから、監督の指導と連帯責任制度が非常に厳しくて。映画『フルメタル・ジャケット』に出てくるハートマン軍曹みたいな監督もいて、めちゃくちゃ怖かったですね(笑)。

外の情報が一切入らない閉鎖的な環境の中で、50人もの人間が修行しながら生活していると、人間が集団になったときには一定の行動パターンがあるものだなということがよくわかりました。オピニオンリーダーがいて、それに追従する人間と反抗する人間、それぞれのヒエラルキーの中に組み込まれる人間とがいて。

最初はどんなカリキュラムで何が行われるかだれにもわからないので、原始共産制みたいな感じで相互に助け合っていく雰囲気になるんですが、寺で住み込みをしてた人間には「次に何が来るか」がだんだんわかるようになります。すると、大学からいきなり修行に来た人との間に情報格差が生まれてきて、情報を持っている人間が「○○のコツを教えてやるから、洗濯をやってくれ」と取引するようになって、原始資本主義が生まれてくるんですよ。

さらに、大衆供養という差し入れでアンパンや饅頭をいただくと、「1アンパンで1洗濯」とかアンパンが貨幣として機能し始めるんですね(笑)。そうなると、持つものと持たないもののヒエラルキーができてちょっと殺伐としてきたりして。3ヶ月の加行期間で、人間の集団が文明の終わりまでいくという密度の濃さでした(笑)。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy