ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカで話題の人面犬“トニック君” 里親募集中!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アメリカである”人面犬”がちょっとした話題となっている。話題の主人公はプードルとシーズーのミックス、トニック君。犬ながら、私立小学校に通っている小利口なおぼっちゃまのような顔をしている。ケンタッキー州の殺処分施設にいるところを、インディアナ州の動物保護福祉団体が引き取ったということだ。

引き取った経緯はわかっていないが、仕事とはいえ人間みたいな顔の犬を殺すとなると殺処分の担当員はさぞ後味悪かっただろうから、二重の意味で救われたことになる。トニック君の存在は全米のメディアでとりあげられており、筆者が『Twitter』で確認したところ「Weird… (きもっ……)」「How adorable!He looks like a little human! (まぁ可愛い!子供みたい!)」など反応はさまざまだった。

This dog with a human face looks wise beyond his years(msnNOW)
http://now.msn.com/dog-with-human-face-tonik-the-poodle-photo-goes-viral


ペットの里親探しサイト『petfinder』では、メールにてトニック君の引き渡し先を募集中だ。彼を家族に迎えるための費用は250ドル。すでに申し込みが殺到していることだろうが、日本への輸送を断る文言はなかったので、我こそはと思う方は連絡してみてはいかがだろうか?

petfinder トニック君のページ

http://www.petfinder.com/petdetail/20932637-Tonik-Poodle-Dog-Mishawaka-IN

※画像は『petfinder』、『Twitter』から引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP