ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、米Sprint向けに頑丈ボディのLTE対応Androidスマートフォン「Kyocera Torque」を発表、海外モデルでは初のスマートソニックレシーバーを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Sprintより京セラの新型Androidスマートフォン「Kyocera Torque(E6710)」が発表されました。Kyocera Torqueは、G’zOneのような頑丈設計の筐体に、4インチWVGA解像度のIPS液晶とSanpdragon S4 MSM8960 1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応のAndroidスマートフォン。MIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振、耐塵、耐湿、耐圧性能を備えるほか、IPX5/X7の防水、IP6Xレベルの防塵にも対応。SprintのCDMA2000ネットワークの中でグループ通話が可能なPush-to-Talkサービス「Sprint Direct Connect」にも対応しています。また、現在のところはKDDIから発売された「URBANO PROGRESSO」と「DIGNO S」にしか搭載されていないスマートソニックレシーバーもTorqueに搭載されています。海外モデルでは初めてですね。スマートソニックレシーバーは、ディスプレイ部分が振動して音を耳内にダイレクトに伝える技術。そのため、ディスプレイ上に通話用のスピーカーが見られません。OSはAndroid 4.0(ICS)、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に500万画素CMOSと前面に130万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、NFCに対応。バッテリー容量は4インチ画面の端末の中ではおそらく一番大きい2,500mAh。本体サイズは113mm×60.5mm×14.3mm、質量は157g。Torqueの発売日・価格は発表されていません。発売時期は2013年春、価格は今四半期中に発表すると言っています。Source : Sprint



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile未発表のXperiaスマートフォン「C5303”Huashan”」の実機写真が流出、Xperia Zで見られる電源ボタンを搭載
HTC M7の外装部品の写真
Galaxy Tab 3の製品パッケージと実機の写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP