ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ヨーグルト味”から“スイーツ風”まで「世界の餃子」の驚くべき正体とは??

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご飯に合うおかずといえば、安くておいしい“餃子”を思い浮かべる人も多いはず。日本では大衆食、B級グルメの超定番である餃子、実は世界中で愛されているのをご存じだろうか?今回は、世界のさまざまな餃子のうち、特に日本人にとって驚きの餃子4種類をご紹介!

・「サモサ」(インド、トップ画像)
インドの屋台などで、よく見かける軽食。具は、ジャガイモ、グリーンピース、ひき肉などを、クミンやコリアンダーなどの香辛料で味付けしたものが多い。小麦粉でできた薄い皮で三角形に包むのが特徴で、さくっと香ばしく揚げられている。だが何といっても、驚くべきはそのソース!フレッシュミントをすりつぶしたソースをたっぷりつけて、鼻を抜ける爽やかな風味を楽しむのがインド流。

・「マントゥ」(トルコ)
ひき肉をベースにした餡をパスタの薄い皮で包み、茹でたもの。一見水餃子のようだが、「にんにくヨーグルト(!)」をかけて食べるのがトルコ版餃子の特徴。実際に食べた人いわく、「さっぱりしてて、意外とイケる」そう!

・「ラビオリ」(イタリア)
生パスタに肉やチーズ、野菜などを詰めて茹でたもの。日本とは違って、2枚の生パスタを張り合わせて具を閉じ込める。もとは、船乗りたちが大切な食糧をムダにしないために考案した“残り物レシピ”だそうで、現在はトマトソースやクリームソースをかけて食べるのが一般的。餃子もイタリアンになると、なぜかオシャレな印象に!?

・「ピエロギ」(ポーランド)
チーズ、タマネギなどを混ぜたマッシュポテトを丸い皮で包み、茹でるのが一般的で、形は日本の餃子にそっくり。サクランボ、イチゴなどの果物を詰めたデザート風もあり、そちらにはリンゴソースをかけて食べるとか。“甘い餃子”と聞くと、日本人には違和感もあるが、“スイーツ”として食べればきっとおいしいはず。一度は本場で試してみたい!

なお、旅行者口コミサイトのトリップアドバイザーでは、世界の餃子をインフォグラフィックにして紹介しているので、そちら(http://tg.tripadvisor.jp/jiaozi/)も是非チェックしてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP