ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンコー、クアッドコアCPUを搭載したHDMIスティック型Android端末「Android SmartTV Quad-core」を発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンコーは1月22日、スティック型の小型Android端末「Android SmartTV Quad-core」を発売したと発表しました。価格は14,800円 (税込)で、サンコーレアモノショップ等で販売されています。Android SmartTV Quad-coreは、HDMI対応のテレビや外部ディスプレイに接続することで、大画面でAndroidを利用できるようにする製品。OSはAndroid 4.0(ICS)で、Google Playにも対応しています。同社はこれまでに複数のスティック型Android端末を発売してきましたが、今回の新製品は、クアッドコアCPUを搭載するなど、これまでの中で最もスペックの高い仕様となっています。プロセッサはFreeScale製i.MX 6 1.2GHzクアッドコア(GPUはGC2000)、RAM容量は1GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は8GB、MicroSDカードも利用できます。本体サイズは縦102 mm×横38 mm×厚さ10 mm、質量45g。外部端子は、HDMI出力端子、Micro USB端子(給電、USBホスト対応)、MicroSDカードスロット。IEEE802.11 b/g/nの無線LANやBluetoothにも対応しています。Source : サンコー



(juggly.cn)記事関連リンク
「Galaxy Note 8.0」のパンフレット画像が流出、ラウンドフォルムのデザイン、8インチWXGA液晶、1.6GHzクアッドコアCPU、2GB RAMを搭載
Google、クアッドコアCPUとMali-T678 GPUを搭載したNexus 10の改良版を開発中?
NTTドコモ、既存のテレビをスマートTV化するスティック型端末「SmartTV dstick 01」を発表、合計7万人にプレゼントするキャンペーンも実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP