ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年01月14日~01月20日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年01月14日~01月20日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:水瓶座

これまでコツコツと真面目に取り組んできたことが高い評価を得たり成果を上げることにつながりそう。不安要素は杞憂に終わる兆しです。ただし高望みは禁物。もっととねだるほどせっかく上昇傾向の運気を手放すことに。素直な感情や表現が好印象を与えるでしょう。

第2位:乙女座

家族や友人など身近な人たちとの絆を再確認するような出来事があるかも。小さなことでも感謝の気持ちを忘れないことが良好な関係を続けるうえでは大事。思うだけではなく言葉にするよう心がけて。また生活の見直しを図ると吉。健康に気を使うと美容面も効果てき面。

第3位:双子座

金銭運が好調です。思わぬ臨時収入があったり目上の人におごってもらえるなど嬉しいサプライズがあるかもしれません。また物事に対する見方が変わるような出来事が起こりそう。これまで避けていたことに対する苦手意識が薄れる兆し。思い切って克服するチャンス。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/283732 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:山羊座
思い立ったら吉日。グズグズしているうちに運気もやる気も逃げてしまうのでその気になったら即行動を起こしましょう。相談事は立場や年齢が上の人にすると良い助言が得られるでしょう。謙虚に受け止めること。合理性だけを追求すると対人関係にヒビが入る恐れが。

第5位:魚座
いきなり大きな飛躍や成長を期待するのではなく小さなことから地道に積み上げていくことを大切にすること。他者に対し必要以上にへりくだったり上から目線になるのは信頼関係を壊すことにつながりかねないので気をつけましょう。今は手広くより近辺に目を配ると吉。

第6位:獅子座
周囲の助力をアテにしていると失敗する兆し。まずは自分の力で乗り越えようとすることが肝要。運気は悪くないのでこの経験は成長の糧となり後に役立つでしょう。区切りごとに自分なりの反省を。他者に対する疑心暗鬼は心を疲弊させるだけです。交流を活発にして。

第7位:牡牛座
平穏な一週間となりそうです。対人運が好調なので飲み会などのお誘いには積極的に参加して吉。自分から率先して気のおけない仲間との会合を企画するのも良さそうです。また今のうちに公私の区別をはっきりとさせましょう。休むときにはしっかり休養をとるように。

第8位:射手座
以前に諦めたことや失敗したことに再挑戦するチャンスがめぐってくるかもしれません。失敗したイメージや苦手意識などネガティブな思考にとらわれるのではなくポジティブに考えることが成功の鍵。金銭運は不調。バーゲンなどの言葉に踊らされないよう気をつけて。

第9位:蟹座
恋愛運が低調気味。行動に移すことが億劫に感じられるのが原因にありそうです。準備を整えた段階で満足してしまうのかもしれません。余計なことを極力省いてテキパキゲーム感覚でこなすのが乗り越える秘けつ。ただし相手と対当な目線であろうとすることを忘れずに。

第10位:天秤座
週の前半は好調ですがその後運気は下り坂に。大切なことは早めに終わらせておいたほうが良さそう。週の後半は面倒なトラブルが発生する兆し。これまでの経験や知識が役立たず自信喪失する可能性も。新たな経験値を得るチャンスだと見方を変えて取り組みましょう。

第11位:牡羊座
やったことへの評価や成果が思ったほど得られないことにストレスやうっぷんが溜まりそう。しかしやってあげたと思うから不満に思うのでは? 成長の糧ととらえたり必要以上に手を出さないなど見方や方法を変えることで自分にとって心地の良い時間や空間を作って。

第12位:蠍座
周囲の環境や物事があなたの意図に関係なく大きく動き始める兆しです。ぼーっとしていると面倒なことだけが残って押し付けられるかもしれないので気をつけて。感情的にならずに話し合いを持つことが大事。新しいことを始めるときは慎重になったほうが良いでしょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP