ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8歳の少年がお手柄!姉弟の65年ぶりの再会を実現させる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

離れ離れになっていた姉と弟は、65年の時を経て、再会を果たす。手を貸したのは孫のような年齢の少年であり、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスであった。米国『KSDK NewsChannel 5』が伝えている。

アメリカ中西部のアイオワ州で暮らすClifford Boysonさん(弟)は、65年前にシカゴで養子に出され、姉と別れて暮らすことを余儀なくされた。Boysonさんは長きに渡って姉を捜していた。そして最近になり、近所に住んでいた8歳の Eddie Hanzlin君にも助けを求めることに。

Boysonさんはインターネットが不得手だったようで、Hanzlin君にネットで捜してくれるように頼んだ。すると1週間後、“若き探偵”はBilladeauさんをFacebook上で発見に成功。彼女は結婚前の名前で登録していたのだ。

少年の手ほどきにより、ビデオチャットで久しぶりの対面を果たしたばかりの姉と弟。地元メディアの取材に対し、Billadeau さんは「8歳の子(が捜してくれた)と聞いて、度肝を抜かれました」と語っている。今週末には再会が予定されているとのこと。

ちなみに、姉はミズーリ州に住んでいるが、弟が暮らすアイオワ州、二人が養子に出されたイリノイ州とは隣接している州である。

画像: 姉のFacebookのページのキャプチャー
https://www.facebook.com/betty.billadeau

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP