ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

世界中が大好き!『チュッパチャプス』の“甘くない”立体パズル

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0230253_01

一年間に、日本では約1億5000本、全世界で約50億本(!)食べられてるキャンディ『チュッパチャプス』をモチーフにした立体パズル『チュッパチャプスパズル』がハピネットより発売されます。『マンゴー』『コーラ』『ストロベリークリーム』の人気フレーバー3種類をパズル化して9月下旬に同時発売、販売価格は1050円(税込み)です。

0230253_02

『チュッパチャプスパズル』の遊び方は、組み木のようになっているキャンディ部分のパズルピースを外して、元通りに戻していくというもの。バラバラにするには、一つひとつ順番にピースを外していかないといけませんし、元に戻すときも順番が違うと完成させることができません。見かけによらず難易度が高そうです。どうやら、パズルの『チュッパチャプス』は甘くないようですね。

今回、パズルになったお味は、消費者アンケートで“食べてみたいフレーバーNo.1”として商品化された『マンゴー』、『チュッパチャプス』で不動の人気No.1の『コーラ』、そしてクリーミー系デザートで人気No.1の『ストロベリークリーム』の3種類。それぞれの難易度は、『マンゴー』が「むずかしい」、『コーラ』が「ふつう」、『ストロベリークリーム』が「やさしい」になっています。

ドライブ中の気分転換に、また仕事中のストレス解消にいかがですか? ペン立てに挿しておけば、デスク周りのアクセントにもなりそうです。ちなみに、『チュッパチャプス』の発祥は1958年のスペイン・バルセロナ。日本では1977年より販売されています。ロゴのデザインは、あの偉大な芸術家サルバドール・ダリ氏です。
 
 
■関連記事
ご当地名産物からドラえもんが顔を出す『どこでもドラえもん ひょっこりマスコット』
デスクにウルトラ怪獣を並べて遊ぼう!『ダダマニア』
オリジナルフィギュアがカンタンに作れる!『ペラモデル』サンプルを作ってみた

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。